サイゾーウーマン勝手に調査団

さかなクン、渡辺直美……テレビ関係者に聞いた、2015年「再評価」タレント番付! 

sakanakun-fb.jpg
さかなクン&プクプクFacebookより

 今年も芸能界にはさまざまな人気者が登場し、世間を大いに沸かせた。例えば「Why Japanese People!?」のフレーズを武器に、日本の漢字の不思議を鋭く斬った「厚切りジェイソン」。ITベンチャー企業の会社役員として勤務するかたわら、幾多のお笑い番組や『ネプ&イモトの世界番付』(日本テレビ系)など、世界の文化を伝える番組などにも出演。『厚切りジェイソンのThursday Night WHY』(TOKYO FM)という、冠ラジオ番組も持っている。

 さて、そんな誰の目から見ても「ブレークした」と思えるほどの売れっ子とは違って、気がついたら何となくテレビの露出が増えていた、“こっそりブレークタレント”についてテレビ関係者に聞いてみた。

 すると、新人というより、これまでも活躍してきたメンツが「再評価」されてオファーを求められるようになった、いわゆる「再ブレーク」組の名が挙がった。まずは……。

「スビードワゴンは、どの番組のキャスティング会議でも名前を聞きますよね。特に、小沢さん(小沢一敬)のほうは、数々のロマンチックな名言が『カッコイイ』とまで言われています。例えば、クリスマスに女性を口説くときの決め台詞『イエスの生まれた日にノーと言わせない』であるとか、年齢を聞かれたときに言う『年齢を気にするのってワインだけで良くない?』などです。おそらく、同じロマンチストでナルシストとしても知られるNON STYLEの井上裕介さんが同様のことを言うと『きもい』『お前が言うな』などと炎上すると思うのですが、小沢さんは不思議とイヤがられません」(制作会社AD)

 ほかには、あの「魚博士」の名も……。

「今年後半から特に、業界内で『さかなクンはやっばりもっている』と言われましたね。そのキッカケは、8月に出演した『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)からだったような印象があります。この日はほかにヒロミ、そしてHey!Say!JUMPの伊野尾慧もゲストとして出ていて、その相乗効果もあってか視聴率は10.5%。同時間帯でぶっちぎりの1位でした。そして9月、同じく日テレ系の『誰だって波瀾爆笑』で日々の多忙ぶりに密着すると、裏番組の『サンデー・ジャポン』(TBS系)『ワイドナショー』(フジテレビ系)を抜き去って、これも同時間帯1位の10.9%の高視聴率。続く11月14日の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)でも10.3%を記録。その余勢を駆って、先日放送された『金スマスペシャル』(TBS系)は13.2%をマークしました」(テレビ局スタッフ)

 さかなクンは、それまでも活躍していたはずだが、どうしてここまで支持が高くなったのだろうか?

さかなクン、尊い……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 『カウコン』意外な舞台裏
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  8. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  9. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  10. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  11. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  12. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  18. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー