まだ間に合う!

買ってはいけない福袋2016 福袋ハンターに聞く、「鬱袋」をつかまないコツ

luckybag1.jpg
Photo by Danny Choo from Flickr

 福袋が再び脚光を浴びている。以前と異なり、正月から寒空の下で並ぶ必要はなし。めぼしい福袋の情報を事前にチェックし、予約開始と同時にネットでポチり。正月に福袋が届いたらSNSで中身を見せ合い、当たりを「大福」、ハズレを「鬱袋」と呼んで盛り上がる、というのが近年の楽しみ方だ。

 福袋の最新情報を掲載している人気サイト「福袋ニュースカレンダー」管理人のMOMOTA氏に「欝袋」をつかまないコツについて聞いた。

――昨年は、女性ファッションブランド「Ungrid」の福袋が、ツイッターやインスタグラムで炎上しましたね。1万6,000円と比較的高額なのに、中身は店頭で投げ売りされている売れ残り品やペラペラのニットばかりで、ひどいありさまだったとか。「穴があいていた」「シミがついていた」など、信じられない報告も相次ぎました。

MOMOTA氏 (以下、MOMOTA) テレビのニュースでも扱われ、謝罪文を出して異例の返金対応をするほどの騒ぎになりましたからね。以前は即完売になる人気の福袋だったのに、今年は中身の画像を公開しているにもかかわらず、いまだに売れ残っています(12月22日現在)。一度傷ついたブランドイメージは、なかなか回復できないようです。

――もうひとつ、「サマンサタバサ」も「鬱袋」で話題になりましたが。

MOMOTA でも、「Ungrid」と違って質に問題があるわけではなかったんですよ。例えば、LINEスタンプ柄の財布が入っていたことがやり玉に挙がっていましたが、一部のマニアにとってはむしろ当たりですよね(笑)。ハズレが多いからこそ当たりにも出会えるわけで、僕はこういう遊び心は面白いと思います。でも、SNSではハズレを引いた負け組の声が大きいから始末が悪い。クレーム対策として、近年は大手ブランドのほとんどは福袋専用の商品を企画・制作し、事前に中身を見せて売る手法をとっています。

――確かに、どれを買っても同じ内容の福袋は増えていますよね。あれは本当にお得なんでしょうか?

MOMOTA よく「7万円相当の商品が2万円」などの宣伝文句がありますが、福袋用に作られた商品ですから、そもそも定価なんて存在しません。企業側も赤字では商売になりませんし、薄利ながらもちゃんと利益が出るように作られています。とはいえ、質の悪い福袋を出すとネット民に袋叩きにされてしまう。有名ブランドにとってイメージ損失は何よりも怖いので、努力して質を保っているところが多いと思います。

――では今後は、「鬱袋」が出る可能性は少ないんですね?

MOMOTA 良くも悪くも平均化していて、ハズレが少ないかわりに当たりも少ない、というのが最近の傾向ですからね。ただ、偽物には注意が必要です。私の知る限り、Yahoo!ショッピングなどの小さなショップで売られているコスメやスポーツ関連、インポート福袋には偽物が非常に多い。一方の楽天市場は、規約が厳しいため、偽物は少ない印象です。また、オークションで個人から買う場合も、お金を送っても商品が来ないというトラブルが多いので要注意です。

――「鬱袋」とは反対に、「絶対に損しない福袋」というのは存在するのでしょうか?

MOMOTA  百貨店の食料品、電化製品、有名ブランドのコスメは、損をしない「三大お得福袋」です。実は最もコスパが良いのが百貨店の食料品の福袋で、百貨店の担当者に話を聞くと、ほとんどが50%から70%オフになっているのだとか。食料品は定価が明白ですから、お得感を出すためにとことん薄利にしているそうです。また、電化製品の場合は、価格コムで検索すると一目瞭然。福袋なら最安値よりもさらに安いので、欲しい商品があるならおすすめですね。
(渡辺裕希子)

福袋ハンター・福袋アドバイザー MOMOTA
元星セント・ルイスのセント一門で、兄弟弟子にはヒロミなどがいる。人気サイト「福袋ニュースカレンダー」の管理人。福袋の発売速報を365日間更新し続けている。「これから買うなら、おすすめはジェラートピケやAIGLE、ロクシタン。特にAIGLEは満足度が高く、私も毎年購入しています」

何が出るかな~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  6. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  7. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  8. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  9. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  10. “消えたAKB48”河西智美は今
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  13. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  18. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ