"噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第296回】

福山雅治&吹石一恵にマスコミ敗北宣言!? 徹底張り込みも“ツーショットなし”の現在

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

jisin151222.jpg
「女性自身」1月5・12日合併号

 新国立競技場問題で、2つの計画案のうち隈研吾氏らの「A案」が採用された。墓だの古墳だのと森喜朗組織委員会会長に酷評された方だ。森会長への反発、アンチが作用したものと思われる(笑)。

第296回(12/17~22発売号より)
1位「福山雅治 吹石一恵 タレント再始動(秘)現場と“妻との団らん”なき新婚生活」(「女性自身」1月5・12日合併号)
2位「ASKA “リハビリ暗礁”に妻決断…『シャブ部屋』豪邸を大改装中」(「女性自身」1月5・12日合併号)
参照「ASKA 愛人と会わない『安息の日々』籠城生活も豪邸リフォーム中」(「週刊女性」1月5・12日合併号)
3位「大沢樹生 引退宣言も元女優 喜多嶋舞は恐々『名誉毀損』『賠償請求』訴訟のXデー」(「週刊女性」1月5・12日合併号)

 結構びっくりした。福山雅治の結婚から3カ月、マスコミが狙い続けるにもかかわらず、いまだに撮影できない妻・吹石一恵とツーショット写真だが、「自身」が異例とも思えるその舞台裏をこう記しているのだ。

「じつは本誌は、結婚後に福山が暮らすマンションを割り出し、この2カ月間、新妻・吹石とのツーショットを狙って、張り込みを続けてきた」

 びっくりである。通常「自分たちが張り込んでますよ」なんて情報を、マスコミは決して公表しない。だって、張り込んでいるのが相手にバレて、さらに張り込みが難航するから。いや難航どころか、警戒されて撮れるものも撮れなくなる。しかもツーショット撮影に成功したならいいが、それもできていないのだ。いや、張り込んで2カ月、ツーショットどころか吹石の姿さえキャッチできなかったという。

 つまり、こんな張り込み情報を公表したのは「自身」による福山夫妻への“敗北宣言”ということだろう。「2カ月もマンションを張り込んでも撮れませんでした。もうあきらめます。張り込みません。降参です」。早々に敗北宣言をしているに等しいのだ。

 福山は結婚前からプライベートを明かさず、警戒心MAXの男だと知られている。では、ひたすらマンションを張り込むだけなんていう芸のないことは止めて、吹石を尾行すればいいと思うが、どうやら「自身」はそこまでしなかったようだ。そして12月7日に、横浜のみなとみらいで行われた吹石のCM撮影をキャッチしていながら、「吹石は、どこからこの(CM撮影)現場に来て、どこへ帰っていったのだろう」なんてとぼけた言い訳までする始末。まあ、2人は一緒には住んでいない。それだけはわかったけど。

常に見どころ満載のASKA、真のエンターテイナー

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク