演技派俳優陣の中に投入!

NMB48・山本彩、『火花』実写化出演に「ゴリ押し」炎上! 「吉本と電通製作」に疑惑噴出

1512_yamamotosayaka.jpg
結局「オジサンに好かれると売れる」世界なのね(撮影:岡崎隆生)

 今月22日、芥川賞を受賞したピース・又吉直樹の『火花』(文藝春秋)の実写化ドラマに、NMB48・山本彩が出演することがわかった。動画配信サービス「Netflix」での配信となるが、林遣都をはじめ、田口トモロヲ、染谷将太、小林薫など、豪華キャストが名を連ねる。その中で山本がどれだけ存在感を示せるかに注目が集まるが、世間からは早くも冷ややかな声が上がっているようだ。

「『火花』待望の実写化ということで、読書家やドラマファンからの注目度も高かったのですが、山本の出演をよく思わない人は多いようです。山本が過去に出演したのは、映画『NMB48 げいにん!THE MOVIE』と連続ドラマ『マジすか学園(4&5)』(日本テレビ系)くらい。『マジすか学園』の放送開始時には、“このドラマは、学芸会の延長であり、登場人物の一部に、お見苦しい(?)演技がございますが、温かく見守ってご覧いただければ幸いです”というテロップまで出ていましたが、今作でも山本の演技力は望めないと思います。それだけにネット上では、山本の起用に関して、『演技が酷評されているのに』『共演者はみんな演技達者だし、ヘタなのが目立っちゃうな』といった声が上がっています」(芸能ライター)

 また、『火花』の制作を吉本興業と電通が行うこともあり、「ゴリ押しを指摘する声も多い」(同)という。

「山本は、ほかのNMB48メンバーとともに、パチンコメーカー・京楽産業.と吉本興業の合弁会社・KYORAKU.吉本ホールディングスに所属していますが、現在同事務所がメインで推すのは山本と渡辺美優紀くらいです。そういった背景もあり、ネット上では、『なぜ山本を使う必要あるのかと思ったが、製作が吉本なのね』『吉本の山本ゴリ推しがひどい』といった声が目立ちます。中には、『山本を卒業させて、吉本でソロタレント化する計画が急ピッチで進んでいる感じ』と、不安視するファンもいるようです」(同)

『火花』に限らず、NMB48が『NHK紅白歌合戦』で、AKB48のシングル曲「唇にBe My Baby」のカップリング曲「365日の紙飛行機」を歌うことについても、ファンから批判が噴出。「山本がセンターの曲だからって、そりゃないわ」「ちゃんとNMBの曲歌ってほしかった」「折角の晴れ舞台を、山本だけのものにするな!」など、怒りに震えるファンは少なくない。

「芸能界のドンといわれるバーニングプロダクション社長・周防郁雄氏が山本のことをお気に入りのようで、それによりゴリ押しせざるを得ないという話もあります。山本の露出が増えるのはファンにとっても喜ばしいことでしょうが、あまりに露骨だと、一方でアンチが爆増するのでは」(同)

 現に、山本のゴリ押しがファン以外にも伝わりつつあるが、来年は“嫌われアイドル”として名を馳せることとなってしまうのだろうか?

やっぱりNMB解体も遠くないんじゃ……?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク