女による女子アナ論

女子アナの“自然体”に潜む自意識の暴走! 2015年「女心をざわつかせた」女子アナベスト3 

 知性と美貌、品性にあふれる女の花形職業・女子アナに、昨今ある異変がみられている。かつては、男性ウケのよさそうな “オンナ”を前面に出した女子アナがもてはやされたものだが、視聴者がそのしたたかさに気づき始め、今では親近感を抱きやすい“自然体”な女子アナが人気を博すようになった。しかし、“自然体”とは一体なんなのだろう? 今回、女子アナをウォッチし続けてきたライター・仁科友里氏が、“自然体”というワードを軸に、2015年女心をざわつかせた女子アナベスト3を選出。“自然体”の言葉のウラ側に潜む、女子アナたちの自意識を暴いた。

yamazakiyuki_prf.jpg
山崎夕貴公式プロフィールより

第1位:山崎夕貴(フジテレビ)
フジテレビ“らしからぬ”でブレークした山崎夕貴アナ

 「女子アナらしくない」が女子アナに対する最大の褒め言葉となっている昨今。その筆頭が、山崎夕貴アナである。「地方の国立大学出身」「タレント経験やミスの称号なし」など、半分クロウト的な派手な女子大生を積極採用してきたフジテレビの伝統から考えると、異色のアナウンサーと言える。

 そんな山崎アナ、『とんねるずのみなさんのおかげでした』で自室を公開したが、女子アナとは思えぬ地味さであった。こたつの台をテーブル替わりに使い、夕食はたこ焼きとビール、ソファで寝てしまうという“非リア充”ぶりから、“リア充”嫌いの視聴者からウケているようだが、逆に考えると、非リア充でありながら、一番派手な女子アナの生息地・フジを受験する自意識は、かなり頑強だと言えるのではないだろうか。

 『ボクらの時代』では、先輩アナ・加藤綾子を「男性なら、一発で落ちる」と立てつつも、「何を言われても笑う」という加藤に「笑いのハードル、低くないですか?」と小バカにできる肝の太さも持っている。硬軟自在の立ち回りで、来年以降も活躍することだろう。

 今のところ、熱愛報道のない山崎アナだが、結構イケる口だろう。テニスの錦織圭が『みなさんのおかげでした』に出演した際、猛アプローチをしていたことを石橋貴明にバラされていた。つまり、“自然体”なのは経歴と見かけであり、中身は従来型、しかも自意識はもっと強いというハイブリッドタイプである。

「女子アナを志す」という時点で、すでに匂ってくるから!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク