重大発表のはずが……

「ジャニーズと熱愛も注目されず」SKE48・宮澤佐江、卒業に「お先真っ暗」の声続出のワケ

miyazawasaechan.jpg
「拍子抜け」のたとえとして伝えていきたい

 SNH48兼SKE48の宮澤佐江が16日、『2015FNS歌謡祭THE LIVE』(フジテレビ系)でグループからの卒業を発表した。

 宮澤は曲を披露した後、ステージで「こんな素敵な舞台で本当にすみません。でも、ここで言わせてください。私、宮澤佐江はSKE48、そしてSNH48、AKB48グループを卒業します」と宣言し、会場のファンを驚かせた。そして「残りの活動も元気いっぱい頑張りますので、応援よろしくお願いします」と言い一礼したのだが、世間では宮澤の卒業発表の仕方に難色を示している。

 同番組では、放送前にAKB48から“重大発表”があると予告されていた。しかし、宮澤の卒業とは誰も予想していなかったようで、ネットでは「重大発表でもないじゃん」「まだいたのって感じだったけど……」「昔はボーイッシュな感じで売ってたけど、売れないからフォトブックで髪ブラを披露してたよね」「もはや誰だっけレベル」など、宮澤の需要がないことを示すコメントが相次いだ。

「また、他アーティストが出演する番組で、卒業を発表するのはいかがなものかとネットが炎上。しかも、そこまで注目度の高くないメンバーというだけに、猛烈に批判される始末です。『全ては演出に問題がある』とし、フジテレビを酷評する声まで上がっています」(芸能ライター)

 宮澤といえば、2013年、一部週刊誌にジャニーズJr.の深澤辰哉との親密交際が報じられた。双方の家族公認で、深澤が宮澤宅にお泊まりしたというセンセーショナルな内容だったが……。

「相手がジャニーズというのも影響してか、宮澤にお咎めはなし。しかしそれ以上に、他メンバーのスキャンダルに比べると、ファンや世間の反応が著しく薄かったと記憶しています。HKT48・村重杏奈とジャニーズJr.阿部顕嵐の熱愛報道の方がずっと盛り上がっていました。AKBとジャニーズの熱愛といったら、いやが上にも盛り上がるはずなのに……宮澤の注目度の低さがさらされてしまった一件でしたね」(芸能誌編集者)

 JKT48、SHN48、SKE48と、さまざまなグループに派遣された宮澤。「本家のAKB48としてデビューしたのに、いつの間にか周りのメンバーは卒業し、自分のポジションがわからなくなったという感じかもしれません。宮澤の一般のイメージは、『ボーイッシュ』だけですし、正直、卒業後はお先真っ暗だと思いますよ」(前出・ライター)との声も出ている。

 同番組で「AKB48では10年、いろんな経験をさせていただいたんですけど、最近グループから一歩外に出たときのことを考えると、楽しくなってきてワクワクしてきた」と語っていたが、もう少し基盤を作ってから卒業した方がよかったかもしれない。

お先真っ暗じゃないAKBメンバーはどこにいるのやら?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー