[女性誌速攻レビュー]「AneCan」1月号

「AneCan」が“かわいい”を断捨離! 甘コーデを捨てた先の「男をときめかす服」とは

anecan1601.jpg
「AneCan」1月号(小学館)

 現実世界では年の瀬ですが、雑誌の世界はすでに1月。「AneCan」(小学館)1月号、年が変わり心機一転の雰囲気です。高垣麗子さん、葛岡碧さん、森絵里香さんが結婚による精神的な安定を得たと今年を振り返る一方、押切もえさんは、「力の抜き方とポジティブを身につけた押切もえの第二次成長期はこれから」と、安定より向上! と私たちに思い出させてくれます。連載「サロン・ド・モエ」の対談でいろいろ感じること、学ぶことがあるとも仰っていました。うん、この企画、私たちのためだけじゃなく、押切さんのためにもずーーっと続いてー!!

 先月号でまさかの「かわいくしているアラサーはイタいだけ」という発言を、さりげなくぶち込んできた「AneCan」。さてさて、今月号ではどのような着こなしを見せてくれるのだろうと楽しみにしていたところ、「あの人の“きれい”をマネしよう!」という大特集がありましたよ。「あの人」とは、姉モデルズに始まり、海外セレブからはミランダ・カーやアレクサ・チャン、「時代をつくる、IT GIRL」として梨花さんや紗栄子さんまで、何系とかそんなの関係ねー! という声が聞こえそうなほど、幅広く網羅! そして今まで散々使い倒してきた「かわいい」という単語も影を潜め、「きれい」を目指して行くようです。自分たちが好きなものをとことん追求して着る、ではなく、「今、なれるもんならこの人になりたい」と“時代”の波に大きく飲み込まれる(いや、乗りこなす?)方針なのです、きっと今年は。節操なし、と言わず誌面を見ていきましょう!

<トピックス>
◎今マネしたい、おしゃれ美女なりきりレシピ
◎劣化したなんていわせない!?「再会コーデ&ヘアメーク」これが正解
◎“恋愛”しくじり先生 私みたいな恋はするな!!

■押切さん、乙女度が加速!
 お、押切さんが「“恋愛”しくじり先生 私みたいな恋はするな!!」に登場しています。「まさかの押切もえさん先生をはじめ、全員、実名&顔出しで『私のしくじり』お届けします!」なんてリードが添えられていますが、本当、まさかです! はやる心が抑えきれません!

 押切先生の「しくじった!」体験は、「着信アリ40回」「深夜3時の手作りケーキ」という、ホラー的見出しのついた2話が披露されています。どちらも押切先生の行動かと思いドキッとしましたが、「着信アリ40回」の方は、束縛彼氏によるものということで、なんだか一安心。

 また、現在進行形の「しくじり中」のエピソードとして、「『会いたい』の一言が言えない」「未来を心配するあまり、先の約束ができない」という2話を語っています。過去の話ではなく現在進行中ですからね! もう、西野カナさんに歌でも作ってもらってください。エピソードが西野さんの世界観と似てますよ!

時代終了を受け入れた「AneCan」に乞うご期待!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー