「大股開き写真」はキッカケにすぎない!?  『結婚式の前日に』惨敗の裏にある香里奈の“根本的問題”

karina062s5478.jpg
「GINGER 2015年8月号」(幻冬舎)

 女優の香里奈主演ドラマ『結婚式の前日に』(TBS系)の最終回が15日に放送され、平均視聴率が5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)であることがわかった。

 初回から視聴率7.7%と低空発進で、開始当初から「爆死確定」といわれていた同ドラマ。その後も5%台をフラフラと浮遊し、上昇することがないまま10話で完結。ただ、EXILE・AKIRA主演『HEAT』(フジテレビ系)、川口春奈主演『夫のカノジョ』(TBS系)の3%台にまでは落ちることはなく、物語自体の評判は決して悪評ばかりだったわけでもなかった。『HEAT』『夫のカノジョ』はストーリー自体が破綻しかけていたので、ストーリーに救われた部分があったようだ。

 ただ、この今クールのドラマにおける最大の「大コケドラマ」であることは否定できない。月9の『5→9』(フジテレビ系)や『偽装の夫婦』(日本テレビ系)、『下町ロケット』(TBS系)など、全話視聴率2ケタを超えた(15日時点)ドラマがいくつか出た中で、浮上のきざしすら見せられなかった点はやはり目立つ。

 同ドラマの低迷の要因として、各メディアで多く指摘されてきたのが、主演である香里奈の「大股開き写真」が、写真週刊誌「フライデー」(講談社)でスクープされてしまったことによる“余波”という点である。あの騒動以降、一時は表舞台に姿を現さず「火消し」にかかった香里奈だったが、イメージを払拭するのは厳しかったようだ。

 ただ、それだけが要因では決してないだろう。『結婚式の前日に』は、遠藤憲一や原田美枝子、鈴木亮平の安定した演技に加え、真野恵里菜の悪役っぷりがハマッていたことなど、プラス要因は決して少なくはなかった。周囲の演技のレベルが水準に達している分、香里奈の「大根っぷり」が露呈してしまったという話もある。

「もともと、ネットでは『大根なのに主役?』とドラマ開始前から疑問符をつけられていた香里奈。『大股開き写真』以前に、女優としての力量が主役には足りないという見方は強かったんです。さらに、どちらかというと明るいイメージのある香里奈ですが、彼女は時折、今回の『病人』に代表されるような、陰のある役を演じます。イメージと大きく異なる役を自然に演じる力がないようにも……。最近は劣化したとも騒がれてますし、いかんせん辛気臭い印象だけが先行してしまう。今後もドラマ出演するならば、脇役が多くなりそうですね」(芸能記者)

 根本的な「実力不足」がささやかれる香里奈。今回の主演でスキャンダルの印象が少しは消えたような気もするので、地道に女優業を続けるのが得策かもしれない。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク