角川慶子の「シロウトで保育園作りました」第102回

「こんな保育士&スタッフはイヤだ!」保育園経営者が語る雇用のホンネと対策

kadokawa102.jpg
事務の方にわかりやすくするために、レイアウトを変えました。でも、事務はまだ決まっていません

 気づくと年末、4月から始めるベビーシッター派遣事業の準備で毎日が忙しいです。自分で決めないといけないことが多すぎるのですが、決断はいつも“霊感”です(笑)。振り返ると「駒沢の森こども園」をオープンしたときから、いつもそうでした。

 今回のベビーシッター派遣事業は、以前にプロデュースした「音羽の坂こども園」とは異なり、「直営」になるので、保育園をもう1つ作ることに近い労力がかかりますね。ただ、雑誌「サイゾー」の連載で知り合って仲良くなった人が手伝ってくれているので、孤独感がないです。初めての保育園オープンの時は、みな「絶対、失敗する」「なんでアイツが保育園経営なんだよ」「バカ」とまで言われていたのに対して、保育業で実績ができたせいか、今回は「さすがですね」「また成功しそうですね」……なに! この手の平を返したような周囲の反応は。笑ってしまいそうですよ。

 いつも私がビジネスを始める上で大切にしていることは、「あったらいいな」です。子どもが小学2年生になっても、「この3時間どうしよう」と困ることがあります。2時間ぐらいならどうにかなるけど、「夕方から夜にかけて不在だし、心配」みたいなことです。そこからベビーシッター案は始まりました。会社を設立したとき、定款に「保育園の運営、派遣業務」と入れていたこともあり、保育園にいい物件(パワースポットという視点です)がないなら、シッター派遣をしようと自然にアイディアが浮かびました。今回、拠点にする西新宿の物件はもちろんいい気の流れです。

 そこで困ったのが、保育園の事務です。オープンから現在まで毎日出勤していて、営業と事務の全てを1人でやっています。ちなみにシッター事業の方の事務は決まりましたが、問題は駒沢の森こども園の方です。シッターの拠点事務所へ向かう前に、保育園に寄ることは可能ですが、短時間で事務の全てを終わらせることはとても無理。しかも一番重要なシッター採用が、1月半ばから始まります。なので、事務ができる人を探しています。面接はちょくちょくしていますが、うーん。主婦で子どもがいて、毎日6時間ぐらいの勤務を希望しているような方に向いているのかもしれませんね。いままで人の紹介のみでしたが、どこかに求人を出した方がいいのかも。

 人は決まらないですが、取り急ぎ、保育園の事務スペースのレイアウト変更をし、誰が見てもわかりやすい空間を作りました。いままで1人だったので、自分が見てわかればいいという乱雑な感じでした。事務のスキルも恥ずかしい話ですが、保育園をオープンした頃はワードしか使えなかったのですが、いまはスタッフから「シフト表を作ってください」と言われても、数分で作れるようにはなりました。大人になってからも学ぶことはいっぱいです。調理師免許も取ったし、毎日が勉強ですね。

■小阪由佳さんが視察に来てくれました

 勉強といえば、先日この連載で対談した小阪由佳さんと、小阪さんの運営する保育園の園長さん、室長さんが視察に来てくれました。あたり前だと思っていることでも、一方では「目からウロコ!」ってことが互いにありましたが、共通する悩みはスタッフに関することでした。「子どもとはうまくやっている人だけど、スタッフや親とのコミュニケーションがまったくできない人がいる」とか「清潔感がなんとなくない」(なんとなくだからこそ、指摘しにくい)とか、他園の話だから笑って聞けるけど、うちにいたら悩みますよ。

 そしてアルバイトといえども、一度雇った人に辞めてもらうのはとても難しいです。小阪さんは「逆上してあることないことネットに書かれたら困る」と言っていて、お互い芸能人だからこそ、そのへんのことをとても警戒しているのです。2ちゃんねるなどの掲示板を警戒しているのではなく、ここで怖がっているのは、保育園口コミサイトのことです。逆に人を雇うときは、うちの園では名前で検索していますが、園長さんが言うには、働いていた幼稚園、保育園を聞いて、「●●保育園 ●●先生」と検索するとヒットしやすいのだとか。確かに名前だと犯罪歴ぐらいしか調べられないですよね。
 
 口が堅くて、美人な事務さんと出会えますように♪

角川慶子
(かどかわ・けいこ)
1973年、東京都生まれ。「角川春樹事務所」会長・角川春樹氏の長女。自身も元アイドルという異色の肩書きに加えて、ビジュアル系バンド好きで、元バンギャルの”鬼畜ライター”としても活躍。2011年9月1日に「駒沢の森こども園」をオープンさせる。家庭では7歳の愛娘の子育てに奮闘中。

「口コミ」ほどリテラシーを必要とするものはないですから

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  7. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  8. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  13. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  16. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  17. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  18. 違法ギャンブル逮捕に狩野英孝が冷や汗
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー