「ポスト芹那」はこの人?

菊地亜美、「AV進出は禁止」発言で不安視される「テレビ露出減」「こじるりに完敗」の現況

kikuchiamiblogg.jpg
菊地亜美オフィシャルブログより

 15日、都内で行われた「ネスカフェ フォトラテ」体験・発表会に登場したタレントの菊地亜美が、かつて所属していたアイドルグループ・アイドリング!!!が解散し、10月末をもって全員卒業したことを受け、「去年の今頃卒業したんですけど、私の卒業のタイミングはベストだった」と語った。また、卒業メンバーのほとんどが進路に悩んでいること、さらに今後の活動について相談を受けることが多くなったと明かしたが、ネット上では、菊地の発言が「上から目線」だと大バッシングが巻き起こっている。

「菊地は、記者から『AV進出するメンバーも現れるのでは?』といういじわるな質問をされると『解散後、AVに行くのは禁止されているみたい』とフォロー。しかし『1年以内は』と付け足すなど、少し毒のある言い方をしていました。確かに、菊地は同グループ随一の売れっ子ですが、最近ではテレビ露出が落ち着いてきたことから、『菊地も最近テレビで見ないけど大丈夫なの?』『人の人生相談乗る前に、自分の将来気にした方がいいよ』と、ネットユーザーから総ツッコミにあっています」(芸能記者)

 菊地は2012年、ニホンモニターが発表した「2012ブレイクタレント」に名を連ね、153番組もの番組に出演したことが明らかに。「2013年女性タレントバラエティ番組出演本数ランキング」でも6位にランクインするなど、人気タレントの仲間入りをした。

「当時はアイドリング!!!としても活動していましたし、多忙な日々を送っていたと思われます。しかし、最近菊地をテレビで見ることはめっきり減りました。現在はTOKYO MXで放送している冠番組『菊地亜美の女子力向上委員会』が月1で放送中ですが、地上波のバラエティに関しては準レギュラーと不定期出演ばかり。ネット上では、一時期テレビに出まくっていたものの、その後消えてしまった元SDN48・芹那と『同じ道をたどるのではないか?』ともっぱらのうわさです」(同)

 同時期にテレビ出演を増やしていった小島瑠璃子と菊地を比較する声もあるという。

「小島は先日発表された、『2015タレント番組出演本数ランキング』で女性タレント第1位を獲得するなど、芸能活動は順風満帆。同じバラエティで活躍するアイドルとして、菊地は完全に差をつけられてしまいましたね」(同)

 164センチというアイドルにしては高い身長を生かして、モデル業進出もあり得なくないが、 “しゃべれるアイドル”として認知度が定着した菊地には、“別の道”は残されていないのかもしれない。

菊地亜美より小島瑠璃子の方がニオうんだけど

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. ムショ飯はうまいのか?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー