仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

神田うの、“ブランド品窃盗被害”の告白から垣間見えた“セレブの孤独”

unobloooogooo.jpg
神田うのオフィシャルブログより

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「私にもよくしてくれました」神田うの
『日曜ファミリア 芸能人つまずきビッグデータ』(フジテレビ系、12月13日放送)

 神田うのは、本当にカネにしか興味がないなぁ。テレビを見ていると、そう感じることが多々ある。

 例えば、うのは『ノンストップ!』(フジテレビ系)にてレギュラーコメンテーターを務めるが、連絡せずに家を訪れる迷惑な姑や、限りなくクロな夫の浮気疑惑など視聴者のお悩みに「やられたら、やり返せばいいじゃん」と身もふたもない解答で、お隣に座る博多大吉を苦笑いさせる。また『解決!ナイナイアンサー!』(日本テレビ系)は、時に「夫婦のすれちがい」をテーマに取り上げるが、うのは特にコメントしない。夫の浮気疑惑が浮上したり、本人が言うところの“行ったり来たり婚”という名の別居をしつつも離婚をしない、そんなうのならではのコメントが聞きたいものだが、まるで興味を示さないのだ。うのが本気を見せたのは、最近出てきたセレブ妻タレント・大沢ケイミに、「プライベートジェットを持っていないの?」と聞かれ、「持ってないんじゃない、持たないんです」と目を見開いて、答えた時くらいである。

 写真週刊誌に、夫とキャバ嬢の旅行の様子が掲載されることや、常に離婚がうわさされる不名誉より、「プライベートジェットを買えない」と言われることの方が、うのにとっては屈辱らしい。ここまでカネが好きというのは、人生における優先順位がはっきりしているという意味で、美点と言えるだろう。うのの夫が稼ぎ続ける限り、浮気しようが別居しようが、別れることは
ないように思う。

 そんなカネが大好きなうのが、ブランド品総額3,000万円をベビーシッターに盗まれる窃盗事件の被害者となり、その顛末を初告白したのが、『日曜ファミリア 芸能人つまずきビッグデータ』(フジテレビ系)である。

 同番組の取材を受けた街行く一般人は「(ベビーシッターに)不満を持たれるようなことをしたんじゃないの?」と、暗にうのの自業自得を指摘するが、うのは「まったく逆。まわりに、『うのちゃんにあんなによくしてもらって、よくあんなことができるね』って言われた」と完全否定した。具体的に「あんなによく」したとは、仕事帰りにうのの自宅で酒を飲ませたり、誕生日にはケーキを買ってご祝儀を渡したり、パーティーにも家族の一員として娘と共に連れていったり……ということらしい。実の親や友人にも話せない、娘のことや夫婦のことといったプライベートな話もしていたそうで、シッターから離婚まで勧められたというのだから、相当深い間柄だったのだろう。

うの、いつでもサイ女に電話してきてよ!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー