[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」12月22日号

共感ならず!? 喜多嶋舞が見誤った、「婦人公論」読者の「妻」「母」に対するこだわり

fujinkouron1512122.jpg
「婦人公論」12月22日号(中央公論新社)

 今年最後の「婦人公論」(中央公論新社)、なんといってもあの方のインタビューが話題ですが、まずは近藤真彦のインタビュー「『ギンギラギンにさりげなく』がようやくしっくりくる歳になった」から見てみたいと思います。

 「今年、デビュー35周年を迎えましたが、自分でもこんなに長く“もつ”とは思いませんでした(笑)」というマッチ。デビュー時から親交のある作家・伊集院静に「大人の言うことは聞かないし、1年ももたないと思った」と言わせるほど、「やんちゃ」だったそうです。なぜかおじさんという生き物は、“若い頃はやんちゃしてたオレ”をアピールしたがる生き物。おそらくそこには“とはいえ、今こうして成功してるオレ”という裏メッセージがあるのでしょう。歌手活動をほったらかしてお金がかかりそうなレースに手を出し、それに飽き足らず今度はトライアスロン。しかしいったん舞台に立てば、事務所(と後輩の)全面的なバックアップで、「マッチさん」という神になるのです。2015年、マッチが我々に教えてくれたこと。それはインタビューでも語っていた「継続は力なり」、そして継続を支えるのは“鈍感という才能なり”の2つです。

<トピックス>
◎近藤真彦 「ギンギラギンにさりげなく」がようやくしっくりくる歳になった
◎中村うさぎ 明日死ぬかもしれないもの、キリギリスのように今を楽しみたい
◎喜多嶋舞 ずっと胸に秘めていた思いを話して私は、芸能界を引退します

■“いい老後”とは人それぞれ

 今号の特集は「長生き時代の基礎知識『女の年金』スペシャル」です。「下流老人」という言葉がはやる昨今、「婦人公論」世代の関心はもっぱら“年金はもらえるのか。いくらもらえるのか”。この特集では公的年金の試算から消費税増税対策、読者による「年金生活だけでも下流老人にならない」工夫など、どこを切り取っても年金・貯蓄・節約です。

 そんな締まりに締まった特集の中で異彩を放っているのが、作家・中村うさぎインタビュー「明日死ぬかもしれないもの、キリギリスのように今を楽しみたい」です。13年8月に突然変調をきたし、心肺&呼吸停止。危篤状態といわれながら奇跡的に生還した中村。買い物、ホスト、デリヘル、整形……病気前も自分がやりたいことは全て体験してきた中村に、今回の病気がもたらしたものは……。

「共感」をビジネスにした途端、人は離れていくのさ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー