【掘り出し☆芸能放談】

藤田ニコル「キムタクにタメ口」、嵐・二宮「倉本聰をちゃん呼び」愛される“無礼タレント”

ninomiyakazunari.jpg
こちらが伝家の宝刀「ジジ殺しスマイル」

芸能マスコミの片隅で働く、茶飲み友達の女2人組が、インターネットの情報の渦に埋もれた芸能ネタを、頼まれもしないのにほじくり返す!!

A子……31歳 芸能誌編集者。美容オタクで芸能人の劣化・激太りには目を光らせている。松田龍平の大ファンで、ドラマ・映画は欠かさずチェック。
B美……28歳 人生の半分以上をジャニーズに捧げている、ジャニヲタ歴20年超の芸能ライター。今一番気になるアイドルはKis-My-Ft2・北山宏光。


B美 この前の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系、12月7日放送)で、藤田ニコルが木村拓哉にも「動じない」って話題になってたね。あの木村さんにタメ口をきいても平然としてたんだよ。

A子 え~、なにそれ! ニコル×キムタクって、想像できない絵面だね。

B美 ニコルは『スマスマ』の「BISTRO SMAP」に“2015年に活躍した人”のくくりで出演したんだけど、クイズコーナーでゲストが「今一番の悩み」をフリップに書く場面があったの。それでSMAPメンバーがシンキングタイム中に、ニコルが「まぁ、悩むこともそんなないんだけどね~」と言ったもんだから、木村さんはこれがヒントだと思ったらしく「悩みがない」と回答。そしたらニコルは「あ~、違う。さすがに(フリップに)書くよね」と呟いたの。とりあえずスタジオは爆笑だったけど、木村さんは顔を伏せて苦笑してた。

A子 ジャニオタはやっぱりニコルにキレてるの? キムタクにタメ口って、ちょっと面白いんだけど。

B美 いや~、Twitterとかでは特に炎上してなかったよ。視聴者からは「ニコル面白い」って声が上がったり、物怖じしない姿が話題になってた。ジャニオタの私も怒りの感情は沸かなかったけど、木村さんを前にこんな口きけるって、「スゲーな」とは思った。肝が据わってるというか。

A子 それで言うなら近藤真彦も、美空ひばりに対して「おばちゃん(歌)上手だね」と言ったっていうエピソードが印象深い。マッチはひばりだって認識してなかったってウワサだけど、ヤンチャ伝説の1つとして語り継がれてるよね。ひばり、スッピンだったのかしら?

B美 マッチから「大物タレントの前でも堂々としているキャラ」を受け継いでいるといえば、嵐の二宮和也。2005年放送のドラマ『優しい時間』(フジテレビ系)の脚本家・倉本聰のことを“そうちゃん”って呼んだり、映画『母と暮せば』で共演した吉永小百合のことを“サユユ”って呼んでるんでしょ。

A子 あ、その話聞いたことある! 倉本も吉永も、そうやって呼ばれることを喜んでるみたいだよね。大御所になっちゃうと周りから気を使われすぎるだろうから、ラフに接してくる年下は物珍しいのかもしれないね。

B美 ニノって、年上の俳優・高橋克実のことも、親しみを込めて「おはげちゃん」と呼んでるって聞いた。年上に気に入られることが多くて「ジジ殺し」とか言われてるんだよ。

A子 克実に限っては、ただのドMなのではないかとも思っちゃうけど(笑)。あ! そうだそうだ。ニノは去年7月の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)で、結構過激な発言してたのよ。後輩のHey!Say!JUMP・山田涼介が「人見知りが激しいから人の懐に入る術を教えて」と悩みを打ち明けたら、「基本的に“先輩にはどう思われてもいい”みたいな心意気でいってる」「(先輩は)どうせ先に死ぬから」って(笑)。その逆で、後輩には「あの人、良い人でした」と言ってほしいから、下の子には優しくしてるそうだけど。

B美 「俺、計算してこの対応なんだぜ」ってドヤってるのか……。きっとニノって、怒られなさそうな人と、怒りそうな人をちゃんと見分けてるよね。同じくジャニーズではV6・三宅健も、あの泉ピン子にタメ口きけるんだから、たいしたタマだわ。ピン子に会ったら、「おお、ピン子。超久しぶりじゃん」「ピン子、肌がきれいじゃん」とか平気で言うらしいよ。

A子 ピン子って、竹野内豊とか、渋い系のイケメンが好きだと思ってたから、ちょっと意外だった。三宅みたいな少年っぽいイケメンも好きなのかな。しかし、三宅もずる賢いよね。タメ口を使いながらも「肌がきれいじゃん」って褒めてるわけだから、ピン子も悪い気はしないはず。三宅、ババ殺しだわ!

B美 そんな三宅も、去年の『NHK紅白歌合戦』では大失言しちゃった。伍代夏子のバックダンサーで踊るときに「『紅白』ならではですね。伍代さんの後ろで踊らされてる……」って、噛んじゃったじゃん。あれは大物にも動じないというより、ガチで間違えちゃったんだろうけど。

A子 あとはやっぱり、タメ口タレントの筆頭といえばローラだよね。3年前にローラが『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に登場した回は“伝説”って言われてる。ローラは徹子と初対面とあって、敬語混じりで話してたんだけど、徹子に「ちゃんと敬語も言えるんですってね」と言われて、「話せる、話せる~!」とタメ口で対応。腹がよじれるかと思った。

B美 そのローラが、先月『徹子の部屋』(11月3日放送)に再登場して、最後がまさかの“合掌”で終わったって、ニュースになってたよね。

A子 そうそう。「最近泣いたことは?」と聞かれたローラが「何かの映画を見たの。それで泣いた」と答えたの。で、「徹子さんは?」と聞き返したら、徹子は「私? あんま泣かない。あ、でもこの間お友達が死んだ時にちょっと泣いた」と答えたんだけど、ローラったら「わぁー! それは悲しいね!」って同情して、合掌したままエンディングを迎えたんだよ。あんなことできんのローラだけだよ。

B美 「それは悲しいね!」って、ローラ以外が言ったら戦慄するような言葉だね。視聴者の声を見ると、「前回より面白かった」「合掌して終わって、すごい笑った」って、みんな興奮気味。不謹慎なのに炎上しないってのは、ある意味ローラの才能だわ。愛嬌があるからなのか……。

A子 それに比べ、本田翼はダメだね。本田って『A‐Studio』(TBS系)のアシスタントをやってたじゃん? そのとき、MCの笑福亭鶴瓶に「人見知りなの。これでもね」とタメ口&馴れ馴れしい態度を取って、「友達じゃないからな」ってツッコまれたんだよ。最終的に鶴瓶は「翼は好かれる。翼だけは許される」とフォローしてたそうだけど。

B美 そういえば、ドラマ『ショムニ』(フジテレビ系)チームで『スマスマ』に出たときも、江角マキコが本田に関して、酔っ払うと「人の話はまず聞かない、目上の方にタメ口」とグチってた記憶がある。ベッキーも「今日は世の中の本田翼の良いイメージを崩しにきました」って言ってたし。一見、ボーイッシュなルックスで、元気良さそうなキャラに見えるけど、傍若無人ぶりに周囲も困惑してるみたいだね。

A子 鶴瓶なんて、全然怒らなさそうなのに。「翼だけは許される」って言葉、皮肉だったら怖いわ~。

サユリストから猛烈に嫉妬される気分はどうよ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  7. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  8. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  13. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  16. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  17. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  18. 違法ギャンブル逮捕に狩野英孝が冷や汗
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー