「史上最悪の女」の声も……喜多嶋舞・スキだらけな芸能界引退の“理由”と、背後にある“力”に戦慄

kitajimai.jpg
喜多嶋舞写真集―24h(ワニブックス)

 女優の喜多嶋舞が、芸能界を引退することを8日発売の女性誌「婦人公論」(中央公論社)で告白した。

 喜多嶋は、元夫である大沢樹生との「長男実子裁判」で息子や家族がメディアにさらされてしまったことに触れ、「女優としての自分の人生にピリオドを打ち残りの人生を母として妻として生きていこうと決めた」と発言。その上で、裁判で大沢と長男の関係が「父性確率0%」ということには納得しておらず、長男が一人立ちしたら、“誤解”を正すための裁判を起こすという意志を示した。

 大多数の人も同様の意見かもしれないが、今回の喜多嶋の発言には突っ込むべきところが多すぎる。喜多嶋は一度、長男の親権を放棄している身。にもかかわらず、今回の引退の理由を「長男がメディアにさらされた」というのは虫がよすぎやしないか。ネット上でも「長男を盾にしてる」「逃亡だな」など、喜多嶋の行動は責任を逃れるための策に過ぎないという声が多い。

 また、大沢に対し再び裁判を行う意志を示した点についても、厳しい見方をなされている。世の注目度が非常に高かったこの裁判において、裁判所側もその証拠を細かく確認するのは当然である。争点となった「大沢の実子か否か」というのはとりわけ慎重に調べたはずだろう。その中で出された「父性確立0%」という結果の信憑性は、やはり高い。その結果に異を唱える意味などあるのだろうか。「そのDNA鑑定の結果が真実ではないと、私自身がよく分かっています」と喜多嶋は語っているが、一度出した考えを引っ込めないことで、世間の見解を悩ませる意図があるようにすら感じられてしまう。それだけ、この裁判をめぐる喜多嶋の行動には不信感をつのらせるものが多かった。

 さらに、喜多嶋は自身の“恋多き女”であるという点も否定。「大沢さんは私が初めてお付き合いした人です」と語り、だからこそ長男は大沢の子であると主張した。だが、西島秀俊や石田純一など多くの有名人との関係が取りざたされ、奥田瑛二との関係をほのめかす発言を喜多嶋から聞いた、という大沢の話もある。どこまでが真実かはわからないが、いきなり“操(みさお)”を立てたかのような発言をしたところで、説得力が生まれないことには変わりない。

 ネット上では「芸能界史上最悪の女」と喜多嶋を酷評する声が大半を占める。さらに、これほどの騒ぎになってもテレビを中心とした各メディアで喜多嶋が叩かれないのは、所属する事務所があの「バーニングプロダクション系列」だからなのではないか、父が音楽プロデューサー、母が元女優だからではないかという声もある。いまだに喜多嶋がこのような発言を堂々とできる時点で、バックの強大な力を確かに感じさせるが……。

 喜多嶋が語るには、今回の裁判の中心にいた長男は「もう死にたい」とも発言しているという。いずれにせよ、むごい話だ。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク