しいちゃんの芸能解説講座【裏】

おさる“本格派”書家に転身、WaTは解散、宇多田ヒカル復帰はガセ! あの人の“今の道”

osaru-syoka.jpg
書家・宇都鬼公式サイト

編集S アイドル誌に、ジャニーズアイドルたちの直筆クリスマスカードが掲載されるようになったから、すっかり年末って感じね。なんであんなへったくそな字なのに、ドヤっているのかしら。そこがかわいいところでもあるんだけど。

しいちゃん それがアイドルって感じじゃない。字といえば、ファミリーマートに行ったら、宇都鬼(ウッキー)がデザインした猿の年賀状が売ってた。

編集S 宇都鬼って?

しいちゃん 宇都鬼を知らないの? おさるだよ。「NEWSポストセブン」(2015年12月6日付け)におさるのインタビューが載ってたんだけど、今、書家になって大活躍しているそうだよ。

編集S ああ、三原じゅん子の元夫ね……。

しいちゃん それはコアラ!  コアラと「アニマル梯団」というコンビを組んでいた元相方が、おさる。インタビューによると、もともとお母さんが書道の先生で4歳から習っていて、1年半前から本格的な書道家として活動。料金は応相談で、命名書やお店の看板、企業ロゴ、名刺などなんでも書いているとのこと。展覧会でも賞を獲ってるらしい。「自分の気持ちの中では、『やっと人に見せられる芸ができた』と思っています。今まで、『すんまそん』『うれCY』『ありがトーマス』だけだったんです。でも、やっと人に見せられる芸ができました。やっと芸人になったんですよ」と語ってた。

編集S なんかイイ話ふうなことを語ってるけど、芸がないのに芸能人だったって告白しているもんでしょ。

しいちゃん もちろんネットの掲示板では、「迷走してる」「芸能人として名前が売れてるから書家としても仕事をもらえてるだけ」「勘違い」という揶揄もあるけど、「意外といい字で驚き」「なかなか本格的で驚いた」「思ったよりちゃんとしてた」「普通にうまい」「昔の追い詰められたような顔から、だいぶすっきり良くなった」という温かい声が結構多いよ。

編集S 画家になった片岡鶴太郎みたいな「上がり」方だね~。すごいわー(棒読み)。しかしコアラは何してるの?

しいちゃん 芸能プロ「Coalaプロモーション」の社長をしている。所属タレントは、ながい沙央、しゅわップring、さるべぇ~じ……。

編集S 知らないタレントばかりだね。

しいちゃん 芸能人もそうやってそれぞれの道を進むわけだね。ウエンツ瑛士と小池徹平によるデュオ「WaT(ワット)」も、12月6日に8年ぶり単独ライブを開催し、2016年2月11日で解散することを発表したよ。主に、俳優として活動している小池は「2足のわらじでやってきたが、WaTで100%力を出すのが難しくなってきた」とコメント。バラエティを中心に活動しているウエンツは「WaTは甘えてきた場所だったけど、前に進んで自分の力でも皆さんを幸せにしなければならない」とコメント。

そのうち粋人を目指しちゃう「鶴太郎コース」決定

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  15. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  16. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  19. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー