[官能小説レビュー]

江戸時代の女が夫の殺人計画を立てるまで――『真昼の心中』に感じた不倫する女の“絶頂”

mahirunoshinnjuu.jpg
『真昼の心中』(集英社)

 女にとって、不倫の恋のつらさは今も昔も変わらない。現在では「婚外恋愛」という「不倫=恋愛」と位置付ける言葉もでき、不倫の敷居は低くなりつつあるが、女が不貞を働くことがご法度だった時代には「あの世で結ばれよう」と、心中を図る恋人たちも多くいた。現世で結ばれないのなら、来世で一緒になる――昔の男女は命懸けで相手を愛していたようにも感じられる。

 今回ご紹介する『真昼の心中』(集英社)は、江戸時代に実在した事件をベースに、著者自身の解釈を加え、執筆された物語だ。7話収録の本書で表題作になっている『真夏の心中』の主人公・熊は、日本橋に構える店「白子屋」の一人娘。街で評判の器量よしで、店に500両を融資してくれるという男・又四郎を婿にもらうことになる。

 しかし熊には愛し合う男がいた。熊の店で働く忠八である。熊は又四郎との結婚を拒絶していたが、母に泣きながら説得された。「持参金の500両で店がうまく回るようになったら、さっさと追い出してあげる。その後、忠八と、晴れて夫婦になればいいんです」。実は熊の母親もまた、熊と同じように婿をもらいながらも不倫関係を続けているのだ。

 母にアドバイスを受けた熊は、政略結婚をしてからも、忠八との関係を続けていた。2年後、又四郎との間に子どもが生まれ、「白子屋」は何とか持ち直す。しかし、自分自身が美しいことを自覚し、身の回りのもの全てを美しく飾る熊にとって、外見内面ともに「つまらない」又四郎の存在は、いつまでたっても気にいらない。こうして熊は、忠八との心中を企てる。

 呉服屋で心中のときに着る着物を仕立て、準備万端となったとき、熊は晒し場で晒し者になっている女性に直面する。そこにいたのは、心中をして生き残ってしまった二十歳すぎの女性の姿だった。

 そんな見世物になった女性を見たとたん、心中計画から夫を殺す計画に変更した熊の心情は非常に生々しい。恋愛する女というものは、陶酔しているときには自己犠牲も厭わないが、ふと現実に戻ったときには、手のひらを返したように我が身を守る。熊が、全裸で大勢の人に晒され、笑われるくらいならば殺人者になろうとしたのは、必然なのかもしれない。

 不倫という禁断の恋は、酔っているときこそが絶頂である。それは、頭の中が真っ白になり、体の輪郭を失うようなセックス時の感覚にも共通している。 しかし、その陶酔を“持続”させるにはどうすればいいのか……殺人者へと転じかけた熊を見ていると、その結末はやはり「あの世で結ばれる」しかないのかもしれないと思えた。
(いしいのりえ)

熊のお母さんもなかなかのタマ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー