ついに歴史が動く!!

『花燃ゆ』、ラスト1話残して『平清盛』下回る! 最終回12.5%割れで「大河ワースト」に

hanamoyu1208.jpg
『花燃ゆ』(NHK)公式サイトより

 井上真央主演のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』(日曜午後8時~)が、まさに断崖絶壁に立たされた。大河史上ワースト視聴率を更新しかねない状況なのだ。『花燃ゆ』第49話が12月6日に放送され、視聴率は13.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、残り1話を残して、ここまでの平均視聴率は12.00%ジャスト。大河ドラマの全話平均視聴率のワーストは、2012年の松山ケンイチ主演『平清盛』の12.01%であり、『花燃ゆ』は13日にオンエアされる最終回の視聴率次第で、不名誉な記録を塗り替えることになる。

 初回16.7%で、史上ワースト3位のスタートとなった『花燃ゆ』。第2話では早くも13.4%と急降下し、第3話では15.8%と少し持ち直したが、それ以降15%を超えることはなかった。第4話で14.4%と再び降下すると、徐々に下がっていき、その後、第11話で14.0%まで上がったこともあったが、それを除けば、おおむね10~13%台で推移。第15話で初の1ケタ台(9.8%)に転落すると、現在までに通算5度の9%台を記録している。


 途中、第29話では、話題性を狙ってか、生駒里奈ら乃木坂46の十福神(フロントメンバー10人)を出演させる奇策に出たが、視聴率は12.0%でその効果はなかった。第36話から最終章・明治編に突入し、やや盛り返した感はあったが、伸び切れぬまま最終回を迎えることになるようだ。

 ここまでの視聴率推移を見るかぎり、最終回で飛躍的に数字が伸びるとは思えず、最終回12.5%割れで『平清盛』の平均視聴率12.01%を下回る。唯一の光明は、第44話~第47話が11%台だったのに対し、第48話と第49話は13%をマークしている点。ワースト更新だけは回避したいNHKとしては、最後の踏ん張りに期待するしかない。

ただ、仮にワーストは免れても、大河史上ワースト2位の三田佳子主演『花の乱』(1994年)の平均14.1%を下回るのは濃厚だ。

「『花燃ゆ』の敗北は、主人公が吉田松陰の妹(杉文)で、視聴者がほとんど、その存在を知らなかった点が第一。かつ、井上が大河の主役を張るほどの女優ではないことに尽きます。その意味でこの低視聴率は、大方予想されたことであり、その責任を井上に問うのはかわいそうな気もしますね。前半は東出昌大、高良健吾、伊勢谷友介、瀬戸康史、要潤らのイケメン軍団で視聴率を稼ぐ作戦だったのですが、それも実らず。彼らが次々にドラマから消えていく中では、もはや数字を取る術がなかったといえそうです。期待はずれというより、この主人公、主演のネームバリューでは土台無理があったのだと思われます」(テレビ評論家)

 負けるべくして負けたともいえそうな『花燃ゆ』。NHKとしては、早く気持ちを切り替えて、来年の堺雅人主演『真田丸』に期待するしかなさそうだ。
(森田英雄)

「まだ準備できてねーぞ!!」(松本担心の叫び)

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー