SMAP木村拓哉『紅白』白組司会を熱望もNHKに断られていた! その舞台裏とは?

kimutaku1204

 司会者や出場歌手の発表会見の時期が遅れるなど、今年は特に“調整”に手間取っていた『NHK紅白歌合戦』。その混迷は、タモリに総合司会を断られたことから始まった。その総合司会は黒柳徹子に決まったが、実はそれ以上にドタバタだったのが、「白組」司会の選出だったという。

「結局、V6の井ノ原快彦に落ち着きましたが、実は土壇場までSMAPの木村拓哉を単体で擁立しようと、マネジャーである飯島女史がNHKに猛プッシュしていたんです。NHKとしては、朝の情報番組にレギュラー出演している井ノ原を、なんとしても司会に据えたかったので、“天下のキムタク”を袖にするにも、その理由を探すのに四苦八苦していたといいます」(業界関係者)

 ジャニーズとしても“外様”の飯島派である木村よりも、“本流”であるジュリー副社長派である井ノ原が司会でなんの問題もない。

「そこでNHKは、ジャニーズ枠を1つ増やすことを提案。ジャニーズの“長男”で35周年を迎えた近藤真彦を押し込むことを条件に、『飯島さんを抑えてくれ』と、ジュリーサイドに申し入れた。それで、飯島女史も渋々手を引かざるをえなかった」(芸能ジャーナリスト)

 飯島女史とジュリー副社長の間に再び遺恨を残した、紅白の司会者選び。来年には、SMAPの独立がにわかに現実味を帯びてくるかもしれない。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク