[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

田口淳之介脱退で、韓国ファンが騒ぐKAT-TUNデビュー映像「予知能力がすごい……」

taguchichi.jpg
小嶺と出会う前の田口がこちら!

 アイドルグループ・KAT‐TUNの田口淳之介の来春グループ脱退と、ジャニーズ事務所退所のニュースは、早速韓国にも伝わった。田口は『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)、『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)などのドラマに出演したことから、韓国ドラマファンにもよく知られた存在で、東方神起・チャンミンの友人としても有名だ。そんな彼の突然の発表は、韓国ファンに大きな衝撃を与えている。

 KAT‐TUNの韓国ファンたちが集まるジャニーズコミュニティーでは、複雑な気持ちを吐露する書き込みが後を絶たない。脱退を生報告した音楽特番『ベストアーティスト 2015』(日本テレビ系)を日本で観覧客として見ていたという女性は、「番組は楽しい雰囲気だったし、来年はいよいよデビュー10周年だから、最初はドッキリかと耳を疑いました。せっかくのお祭りなのに、客席からは泣き声も聞こえ、個人的にも楽しい気分が台なしに。ちなみに、私は亀梨(和也)くんが震えながら謝る姿を見て、涙が出ました。(メンバーの脱退は)もう3度目ですよ」と、当時の状況を振り返る。

 ほかには「脱退理由が腑に落ちない。“30歳を目前にして道を選んだ”となれば、やっぱり同棲中の小嶺麗奈と結婚するということ?」「メンバーが半分に減った以上、いつ解散してもおかしくない状態」「これまでも苦労してきたKAT‐TUNだし、今回もうまく乗り越えると信じている」といったコメントが多数寄せられている。

 この事態を受けて、韓国ファンの間ではKAT‐TUNが2006年3月に5人そろって出演した『うたばん』(TBS系)があらためて話題になっている。

 デビュー後の初出演にもかかわらず、「楽屋で2人きりになると気まずいメンバーがいる」との質問に、なんと5人がYESとし、「この中に嫌いな人がいる」との質問にも2人がYESボタンを押すなど、事態は悪化していく。そんな中、MC・とんねるず石橋貴明の「(結成)5年でかなり亀裂が入っている」「(グループ名の)真ん中に“-”を入れなきゃよかったんじゃない? 分裂する気がする」といった発言が、恐ろしいほど的中しているのだ。さらに、「10年後もKAT‐TUNでいたい」との質問にYESボタンを押したのは4人。その驚きの結果に「終わった後会議させて頂きます」とコメントした亀梨の次に画面に映ったのは、田口、赤西仁(10年脱退)、田中聖(13年脱退)順のバストアップショット。もちろん偶然だろうが、まるで今後3人の脱退を予想するかのような編集ぶりに、ファンは「『うたばん』の予知能力、すごいな」「3人が次々と映るのを見て、鳥肌が立った」という反応を示している。

 事件や脱退が絶えないアイドルグループのファンを続けていくのは、なかなか大変なことだろう。KAT‐TUNの今後に、韓国ファンも不安を隠せないようだ。

……オカルトネタ!?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー