早漏で柔らかい彼に、バイアグラを勧めるべきか否か

◎前戯はいいけど、早漏でペニスが柔らかい彼。傷つけずにバイアグラを勧めるためにはどうすれば?

<わこさん>30歳/石川県/独身女性

 いつもコラムを拝見しております。今回はロリルミさんにぜひご相談したく、なにとぞよろしくお願いいたします。

 相談内容は『彼が傷つかないバイアグラのすすめ方を教えてください』です。

 彼とは結婚を見据えたお付き合いをしています。彼は誠実で純粋な人です。お互い多忙で機会は少ないですが、セックスする度に息が合っていくのを感じます。手マンやクンニはすごくよくて、気遣いや愛情が感じられて最高です。

 でも…ぺニスが早漏で柔らか目で…彼はそれをちょっとコンプレックスに感じているそうですし、内心私も物足りません。

 いまとても幸せなセックスができているとは思うのですが、ごくたまにでいいので激しくドロドロになって深淵を覗きこむようなセックスができたらいいのになと思います。でもバイアグラをすすめられたら正直戸惑いますよね…。

 どうすればよいでしょうか? アドバイスをおまちしています。

-------------------------------------

 わこさん、いつもコラムを読んでくださってありがとうございます! わこさんの彼は誠実で純粋な人、なおかつセックスの時にも手マンやクンニは良し、気遣いや愛情が感じられるなんて、もう言うことなしなのでは? と思いますが、バイアグラを勧めたいとのことなんですね。

 もし頻繁に中折れするとか、挿入できないほど勃ちが悪いというのならば、バイアグラを検討するのもアリかもしれませんが、おそらく現状では挿入できる硬さになるし、中折れもしてないんですよね? だとすると、果たして「バイアグラを飲む」必要があるのかどうか、微妙なところです……。

 ただでさえ、女性からバイアグラを勧められたらダメージを受ける男性は多いと思います。しかもこの場合、一応「勃起→挿入→射精」コンボができているわけですから、彼にどんな伝え方をしても傷つく可能性はかなり高いんじゃないかなと思います。早漏やちんちんの柔らかさを気にしている彼ならば尚更です。彼もバイアグラに興味があるというのなら、話がスムーズに進むかもしれませんが。

 一度、彼とわこさんの立場を置き換えてみましょう。彼に「揉み応えが足りないので、もう少し胸を大きくできないか? 豊胸手術なんかもあるし」とか「締め付けが足りないので、もう少しまんまんの締まりをよくできないものか? 膣トレやってみて」なんて言われたら、すごーく傷つきませんか?

 胸の大きさもまんまんの締まりも、これまでセックスしてきたんだから、いままで通りで支障はないはずなのに、彼好みに変えろと言われる。愛撫の仕方などについては、指摘されればすぐにでも変えられる可能性がありますが、身体的なことは変えようとしても時間がかかったり、自力ではなかなか難しかったりします。それにそんなことを言われてしまったら、これまでしてきた彼とのセックス全てが否定されたような気持ちになるんじゃないでしょうか。「ホントは毎回胸小さいって思いながらセックスしてたんだ……」とか。

 もちろん、人それぞれ「こういうセックスがしたい!」「こんなちんちんがいい!」という好みはあっていいとは思いますが、身体的なものについては、よっぽどの問題がない限り相手に伝えるのはよーく考えた方がよさそうです。もっと硬くて長持ちするちんちんがいいなら、他の相手を探せば済む話ですが、そうではなくわこさんは彼が好きなんですよね。「もっと硬くて長持ちするちんちんが好きだけど、そうではない彼と一緒にいる自分」について考えてみることで、ちんちんの問題なんてどうでもよくなったりします。

 そうはいっても、彼のセックスがいいものだからこそ、よりよくしたいというわこさんの気持ちもわからなくはありません。ドロドロになるような激しいセックスをたまにはしたいものですよね。なので、まずはバイアグラにこだわらず、ドラッグストアやバラエティーショップで売っているような滋養強壮ドリンクやサプリなんかを「ちょっと試してみよー!」と軽い感じで勧めてみるのはどうでしょう。男心は硝子より脆いものですので、わこさんが自ら購入したとなると彼がプレッシャーに感じてこれまた無駄に傷つくかもしれませんから、「ドラッグストアの年末ラッキーくじで当たった」等の設定にしておきましょう。効果は人それぞれですが、私のセフレが前に滋養強壮サプリを飲んだところ、いつもは一晩で1回しかセックスできない男性だったのに、いきなり3回連続でできたということがあったんです。プラセボなのか、たまたまなのか、それとも本当に成分の効き目があったのか、一体、何だったんだろう……。私もまた試してみたいと思います!

 なにはともあれ、「セックスする度に息が合っていくのを感じます」なんて、なかなか思えることじゃないですよ。わこさんと彼には、その部分をもっともっと高めていってほしいと思います。

■Lollipop-Rumiko/通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!