アッコにマジギレする生真面目さ

和田アキ子、「紅白もっと早く発表して」発言で「バーターの自覚を持て」とツッコミ噴出

akkomtv.jpg
アッコの発言はストレス耐性テストの一環ですからね~

 『NHK紅白歌合戦』に39回目の出場を決めた和田アキ子が今月28日、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組『ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回』(ニッポン放送)に出演。今年の『紅白』について「がんばります」と意気込みを語った一方、「もっと早く発表して」と苦言を呈したことが、ネット上で騒がれている。

 6月にリリースしたシングル「晴レルヤ」のプロモーション動画に、ホリプロ所属のタレントが多数出演したり、今年9月にTwitterを開始したり、11月19日には初となる2ショット写メ会を開催したりと、アーティスト活動のプロモーションが活気づいていた和田。

「巷では『ヒット曲がないから今年こそ紅白は無理だろう』という声が多数出ていただけに、無事出場が決定し、関係者は胸を撫で下ろしたことでしょう。しかし、そんな周囲の安堵感をよそに、当の本人はラジオで『もっと早く発表して』と発言。ネットでは批判が噴出しています。『和田の枠に今の若い子たちを入れた方が100倍マシ』『ももクロやSKE落として、和田入れるとかありえない』といった意見や、『事務所の力による固定枠みたいなもののくせに厚かましい』『何様のつもりなんだろう』と叩かれています」(芸能ライター)

 また、和田のTwitterにも「なんであんた紅白出れるの?」「国民の大半は紅白出場に納得してねえぞ!」などのリプライが寄せられ、多くの人が和田の紅白出場に疑問を覚えているようだ。

「和田の出場には、紅組司会・綾瀬はるかが大きく関係しているようです。というのも、2013年に綾瀬が司会を務めた『紅白』は、55回以降で最もいい視聴率を獲りました。それだけにNHK側も『今年も綾瀬で』となったとされていますが、そこで事務所が『和田を出してくれるなら』と了承したのでは。2人は同じホリプロ所属で、ネットでも、『綾瀬の司会の件がなければ落ちてたんだろうな』『綾瀬はるかの司会がなければ出れなかった補欠合格』『バーターの自覚はあるのか?』と指摘されています」(同)

 シングル曲や7年ぶりのオリジナルアルバム『WADASOUL』を発売し、アーティスト活動を展開するものの、話題になるのは“ご意見番”としての発言ばかりの和田。世間のイメージはもはや「歌手」ではなくなりつつあるだけに、『紅白』では好感度が上がるほどの歌唱力を披露したいところだろう。反感を好感に反転させることができるのかどうか、和田の歌声に掛かっている。

アッコは「そういうもん」として楽しまないと損だべ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  4. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  5. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  6. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  9. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  14. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  18. 『カウコン』意外な舞台裏
  19. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  20. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー