今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

KAT-TUN・田口淳之介の退社が表す、ジャニーズアイドルたちの“過酷”な環境

taguti_gomen.jpg
笑顔がかわいいからまた泣ける

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎銭ゲバを恥じては負ける
 櫛の歯が欠けるように、1人また1人とメンバーが去っていくKAT-TUN。しかも円満退社ゼロて。発表時、他メンバーは全員こわばった顔して、「応援したい」などの前向きなコメントは皆無。田口ってこの後どうするんだろ。芸能界やめて嫁と飲み屋でもやるんだろうか。「このままずっとKAT-TUN」という闇が、彼を極限状態に追い込んだということなのか。

 「司会」や「キャスター」、「芸人」だけでなく、「気象予報士」だの「手話」だの、ジャニーズも一芸を持たなければ生き残れない時代。関ジャニ∞・村上信五の「めんめん、麺づくり♪」のCMなんか見てると、ジャニーズ事務所所属も決して「寄らば大樹の陰」ではないということを思い知らされる。躊躇なくあの「めんめん、麺づくり♪」ができる奴にしか居場所はない。自分で獲りに行かなければ、待っているのは渇死だけなのだ。

 しかしデビュー時からメンバー半減ってすごいな。全員抜けるまで終わらない、KAT-TUN霊が憑いているということなのか。

◎ご冥福をお祈りいたします
 原節子、逝く。あそこまでミステリアスな女優もいない。早すぎる引退と、世間との絶縁。その裏にどんなドラマがあったのか、伝記も含めて、相当量の物語埋蔵の予感。しかし、どんなにネタが豊富でも「原節子の伝記」って実現難しいよなぁ。誰がやるんだって話である。鈴木京香あたり、鼻息荒く狙ってそうだが。『女優 麗子~炎のように』(テレビ東京)の「大原麗子役・内山理名」どころのヤケドじゃ済まないだろう。やめとけ。

◎アメブロに転がるリアル
 「ブログはじめました」か。あの番長に、アメーバからついにお許しが出たようである。「清原和博オフィシャルブログ」か。サブタイトル「番長やめました」くらい欲しいところだが。惜しい。

 今のところ、「頭を一分刈りにした」、「焼肉を食べた」くらいの情報しかないが。「ゴルフ解禁」など、「ああ、ゴルフ場にも行けるようになったんだ」と、ある意味リハビリも兼ねている感が。「監視下」ってのもあるな。

 内山麿我、中村麻里奈(まりだぬき)と並んで、3大要監視ブログとして見守って行きたい。しかし、中村麻里奈の「覚せい剤を抜くため自動車教習所の合宿に行ったら、そこに覚せい剤を持ってる人がいて、結局ダメだった」というエピソードは、リアリズムに背筋が伸びる思いがしたな。
 

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!