ドレイクは全体的にセンスレス……

あの「ドレイクのくそダサいダンス」をデザインしたクリスマス・セーターがバカ売れ!

drakesweaters.jpg
「Fresh Brewed Tees」のインスタグラムより

 決してイケメンではないのに、リアーナやニッキー・ミナージュ、タイラ・バンクスらハイレベルの女子にモテモテ。生意気な言動で、ジェイ・ZやP・ディディらラップ界の重鎮たちを怒らせたり、同年代の歌手クリス・ブラウンを挑発して乱闘したりと頻繁に騒動を起こしているのに、「なぜか憎めないキャラ」認定されている、カナダ人歌手/ラッパーのドレイク。

 今年2月にリリースしたアルバム『If You’re Reading This It’s Too Late』はプラチナ・ディスクを獲得。今年で6回目を迎えたドレイク主催の「OVOフェス」には、特別ゲストとしてカニエ・ウェストとファレル・ウィリアムスを登場させ、「毎回大物アーティストを呼べるのは、ドレイクだからこそ」と株を上げた。

 ドレイクは、このフェスの直前にリリースした新曲「Hotline Bling」のミュージックビデオ(以下、MV)を、10月19日に発表。人肌恋しくなった元カノからの誘いについて歌った曲で、なんとも切ない内容なのだが、歌詞よりもドレイクが踊るダンスが「あまりにも古くさい」「ダサくてキモい」とネット上で格好のネタに。MVを監督したディレクターXは、「男性にも、もっとダンスを踊ってもらいたくて」と自信満々にコメントしているのだが、ドレイクの着ているジャージがダサいし、女性ダンサーとの絡みもキモく、ダンサーのキレのあるダンスを台無しにしていると、アンチは言いたい放題。

 ドレイクのださださダンスを見たネットの“職人”たちはすぐさま仕事を始め、ドレイクの「Hotline Bling」ダンスと、往年のポップ歌手トム・ジョーンズの曲やジャスティン・ビーバーの曲を合わせた動画を制作して「このダンスはヒップホップじゃねぇだろ。ポップだろ」と茶化したり、腰を深く落として手を大きく振りながら踊るドレイクにテニスラケットを持たせたり、『スター・ウォーズ』のライトセーバーを持たせたりした動画を次々とネットに投稿。おもしろ動画が出回るようになると、ネット上では「この曲には、このダンスしかないだろ?」「オレの方がダンスうまいって、自信がついた!」「ダサいダンスだと叩かれるのを知りながら制作したドレイク最高!」と、ドレイクに謎の高評価が付いた。

 今月に入り、個性的なTシャツを手がけているデザイナーユニット「The Yetee」が、ドレイクの「Hotline Bling」ダンスがデザインされた黒のセーターを販売すると発表。価格は25ドル(約3,000円)で、「誰が買うのか」と笑われたが、短期間で完売してしまうほどの人気を集めた。

ドレイクよ、セーターブックの表紙になってこそネタとして成立だぞ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  7. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  17. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  18. “もう終わった”イケメン俳優3人
  19. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  20. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと