CM制作側が知らなかっただけとか?

ケイティ・ペリー、宿敵テイラー・スウィフトと共演したモデルを“奪った”!?

KatyPerry04.jpg
ケイティはケイティで、腹に一物ありそうな感じが良い

 ここ数年、女性歌手としてライバル関係にあるテイラー・スウィフトとケイティ・ペリー。今月頭に発表された、米大手経済誌「フォーブス」の「音楽界で最も稼いだ女性ミュージシャン」で、昨年6月から今年6月の1年間で推定1億3,500万ドル(約165億円)を稼ぎ、第1位に輝いたケイティ。2位のテイラーは8,000万ドル(約97億円)だったため、「テイラーはケイティの足元にも及ばない」という声が上がった。

 しかし、テイラーは今年5月からワールドツアーをスタートしたため、英大手紙「Express」は10月に、「テイラーは今年に入って3億1,780万ドル(約390億円)を稼いだ。毎日100万ドル(約1億2,000万円)以上の収入がある計算になる」と報道。テイラーはツアーにセレブ友達をサプライズ出演させることが多く、チケットの売れ行きは絶好調。来年は確実にテイラーがトップの座に就くとみられている。

 2人はビジネス面だけでなく、互いの存在を目の敵にしているよう。テイラーは昨年インタビューで、「授賞式などで顔を合わせるたびに、一方的に言いたいことだけを言い去っていく女性セレブがいて、“ひょっとしてバカにされてる?”って、ずっと気になってた」「その人がね、私のツアーの妨害をしたの。スタッフを大勢引き抜いたのよ」「私は争いが嫌いだから、以来、彼女を避けてる」と激白。「ツアーの妨害」とは、2011年のテイラーのツアー真っ最中に複数のダンサーが辞めて、ケイティのツアーに参加したことだとみられている。

 このことが報道された直後、ケイティはTwitterで「おとなしい羊の皮を被ったレジーナ・ジョージに気をつけないと」とツイート。レジーナ・ジョージとは、映画『ミーン・ガールズ』に出てくる計算高い女性キャラクターのことで、「争いは嫌いとか言いながら、ケンカを吹っかけているのは、アンタじゃん」というテイラーへの宣戦布告だと話題に。その後も、テイラーは「Bad Blood」という曲のミュージックビデオ(以下、MV)にセレブ友逹を総出演させてケイティをけん制するなど、2人の不仲はタブロイドの餌食となっている。

 美人だけど気取らず、楽しいことが大好きなファニーガールのケイティは、幅広い層から支持されている。健康的な体形で天然巨乳ということもあり、男性ファンも多い。テイラーに敵視されながらも仕返しをしないのは、ファンが持つイメージを守るためだともいわれている。

 そんなケイティがイメージガールを務める、世界的アパレルメーカー「H&M」の2015年ホリデーシーズン・コマーシャルが、22日にお披露目された。ケイティはそのCMで、テイラーの「Blank Space」という曲のMVに出演していたモデルと共演。「またテイラーを怒らせるのでは」と双方のファンをざわつかせている。

テイラーはダサ女出身のクイーン気質だからしょうがない

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー