サイゾーウーマン勝手に調査団

『アメトーーク!』は本当に“オワコン”なのか? バラエティ関係者が明かす“危険信号”

ametaalk1.jpg
『アメトーーク!』(テレビ朝日系)公式サイトより

 雨上がり決死隊の人気トーク番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)。2003年4月にスタートし、来年で13年目を迎えるが、現在ネット上で、「一時期の勢いを失っている」「オワコンでしょ」「最近つまらなくなった」と言われているようだ。「業界視聴率が高い」とも言われている同番組だが、業界関係者は、この番組の今をどう見ているのだろうか?

「確かに、視聴率は1ケタ台に落ち込むことがあり、業界視聴率も一時期より落ち着いたような気がしますが、午後11時台で平均視聴率10%前後という数字は上出来。それに、依然として『アメトーーク!』の影響力は他番組に比べると大きいと思います。過去に『家電芸人』が家電ブームを引き起こしたように、『カープ大好き芸人』では、カープ女子の存在やプロ野球の魅力を伝え話題になりました。今年3月放送の『カープ大好き芸人』は、広島での番組平均視聴率が20.5%を獲得したとか。また、今までの“トーク”というくくりではない新企画『ザキヤマ&フジモンがパクリたい‐1グランプリ』から、クマムシやピスタチオという若手芸人を発掘しており、業界内での評価は高いです」(バラエティ関係者)

 芸人たちの高いプレゼン能力を生かせる番組内容は、依然としてブームの火付け役として機能しているようだが、バラエティスタッフは今後について「不安要素も少しあります」と語る。

「番組当初から出演している芸人たちは、今では人気も実力も兼ね備えたタレントに成長し、制作サイドも安心して彼らを起用していると思います。しかし、今後番組を続けていくつもりなら、次世代の若手芸人の起用に力を注いだ方がいいのでは……と思いますね。いくら企画が毎回変わっても、出演メンバーが似たようなメンツでは、視聴者の目にはどれも同じような企画に映り、結果飽きられてしまう危険性が十分にあり得ます。そういった若手芸人がなかなかいない現状なので難しいとは思うのですが、思い切ってメンバーチェンジをしていく勇気も必要な気がします」

 一度成功をつかんだ番組が、安定志向になるのは当然かもしれないが、「ベテランと若手のバランスいい起用」で、『アメトーーク!』はさらなる人気を得ることができるのだろうか?

博を起用してくれてありがとうございました

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  2. 結婚ハイで好感度大暴落のタレント
  3. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏
  4. 菊地亜美の会見がド修羅場に
  5. 『めちゃイケ』ジャニーズにモザイクの怪
  6. 『スター名鑑』スピード打ち切り舞台裏
  7. 野村周平のアンチが急増しているワケ
  8. 「タウリン配合」はまったく意味ナシ!
  9. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  10. 『まいジャニ』で盛大にドヤる永瀬廉
  11. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  12. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  13. 城島の「柿」ダジャレに苦笑、国分の自虐にツッコミ! 『鉄腕!DASH!!』の山口達也は大変だ
  14. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  15. 栄養ドリンクで疲労は一切とれない
  16. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 三代目JSB・山下の恋人にファン大混乱
  19. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  20. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画

ジャニーズの人気記事

  1. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏
  2. 『まいジャニ』で盛大にドヤる永瀬廉
  3. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  4. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】

カルチャーの人気記事

  1. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  4. あの子に赤ちゃんを殺される! ボールをぶつけ、階段から突き落とす5歳女児に恐怖
  5. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて

海外ゴシップの人気記事

  1. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  2. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  3. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も
  4. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  5. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!