忠誠心の求め方がまるでヤクザ……

グリーンカードは捨てろ!? K-POP外国籍メンバーがピンチ、“兵役”と国籍問題が再炎上

visa.jpg

 東方神起のチャンミン、SUPER JUNIORのシウォンが11月19日、入隊した。K‐POPアイドルの一時代を築いた人気グループのメンバーたちが続々と兵役に突入する中、ある歌手によって、アイドルの入隊にまつわる国籍問題が再び注目されている。

 その人物は、ヒップホップダンス歌手のユ・スンジュン。現在38歳の彼は、1997年、デビュー曲「カウィ(はさみ)」でいきなり音楽チャート1位を獲得し、絶大な人気を得ていたが、入隊を3カ月後に控えた2002年、突然、米国市民権を取得。この行動を“兵役逃れ”と判断した韓国兵務庁は、ユ・スンジュンを入国禁止にする制裁を与えた。そんなユ・スンジュンが先月21日、韓国入国ビザの申請を拒否されたことを不服として、訴訟を起こしたのだ。

「ユ・スンジュンは韓国生まれですが、中学生の時に家族で米国に移住して、米国永住権(グリーンカード)を持っていました。02年に日本での公演を終えた彼は、そのまま米国に飛んで市民権を取得したんです。3カ月後に韓国での入隊が迫っていたにもかかわらず、韓国籍を捨てて兵役が免除される米国籍を手にしたのですから、意図的な“兵役逃れ”と思われても仕方のない状況でした。仁川国際空港で入国禁止になったときは大きな議論を呼び、ユ・スンジュンの韓国での歌手生命は完全に断たれました。翌年、婚約者の父親の葬儀に参列するために3日間だけ入国を許されましたが、韓国に入れたのはその一度きり。現在も入国禁止は解かれておらず、中国で活動を続けています」(韓流に詳しい芸能記者)

 この一件を機に、海外の永住権や市民権を持つ芸能人への風当たりが一気に強くなった。韓国で芸能活動を続けるために、多くの俳優や歌手が米国永住権や市民権を放棄して入隊。元祖K‐POPグループのメンバーたちも例外ではなく、SHINHWAのエリックとアンディ、H.O.Tのトニー・アンが同じ道を選んでいる。

「小学5年の時に一家で米国に移住したJYJのユチョンも、04年に韓国でデビューしてすぐに『メンバーと同じになりたい』と米国永住権を放棄しています。永住権があると、韓国滞在に制約がかかって活動に支障が出る不便さもあったと思います。ただ、ユ・スンジュンの事件から2年しかたっていない時期でのデビューだったので、永住権を持ったまま韓国で活動を続ければ、いずれ兵役絡みで思わぬ非難を浴びるかもしれないというリスクを回避した点も少なからずあったのでは。2PMのテギョンも10年に米国永住権を放棄しています。しかも、彼はヘルニアの持病があるため、08年に軍務ではなく公的機関に勤務する公益勤務要員の判定を受けましたが、永住権を放棄後、2度にわたりヘルニアの手術を受け、左腕の骨折を固定したボルトの除去手術まで受けて、現役での軍務の資格を手にしました。もちろん本人の強い意思があってのことですが、そこまでやらなければ、韓国では認めてもらえない風潮があるのも事実」(同)

 また、国籍を理由に兵役免除になったgodのソン・ホヨンやデニー・アンなどは、事あるごとにその経緯をネットなどにさらされている。一度ついた“兵役免除”のレッテルは簡単にぬぐえないのだという。

 グローバルな活躍のために英語が流暢な海外育ちのメンバーを投入するボーイズグループが多いK‐POP界だが、永住権や市民権を放棄するか否かの選択は、兵役に就く覚悟を問われる、一種の踏み絵のようになっている。

「最近は、事前に国籍の問題をクリアにしてからデビューするグループが増えていますが、中には同様の選択に迫られる可能性のあるメンバーもいます。今回、ユ・スンジュンが起こしたビザ申請拒否による訴訟は、韓国では怒りを買う結果しか招いていない。静かにしていてほしいと思っている事務所関係者もいるみたいですよ」(同)
 
 彼が騒げば騒ぐほど、海外の永住権や市民権を持つアイドルグループのメンバーたちは、いつ自分の身に火の粉が降りかかるかと、肝を冷やすハメになっているようだ。

日本芸能界ではまずないややこしい案件

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. “消えたAKB48”河西智美は今
  13. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 新春ジャニオタ放談
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 他人の記事をパクるのはこんな人
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー