その他
【ジャニーズ研究会レポート】

嗅覚&味覚がヤバいKAT-TUN田口淳之介、「白湯はスープの匂いがする」とビックリ発言

 KAT-TUNのムードメーカーであり、メンバーからも愛されている田口淳之介。彼の自由奔放な言動はなにかと話題になることが多い。11月16日深夜に放送された『KAT-TUNのがつーん』(文化放送)でも、田口の口から驚くべき発言が飛び出した。

 「心配事」をテーマにしたフリートーク内で、食品の消費期限について話す中丸雄一と田口。その中で、田口は納豆の消費期限に困ると切り出す。そもそも発酵食品である納豆だが、2人いわく、意外と消費期限が短くて驚くのだという。「もともと腐っている食品なのに、さらに腐るのか?」という中丸の疑問に対して、田口は「消費期限が切れた納豆の表面はちょっとカビっぽく見える。普通の時はツヤっとしている」と、見分け方のコツを教える場面もあった。



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

嗅覚&味覚がヤバいKAT-TUN田口淳之介、「白湯はスープの匂いがする」とビックリ発言のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!