その他
【ジャニーズ研究会レポート】

V6の20周年公演でバックに付いた嵐、それを支えたのはV6ファンの熱意だった!

 「月刊ソングス」2015年12月号(ドレミ楽譜出版社)に、『V6 LIVE TOUR 2015-SINCE1995~FOREVER-』の最終日である、11月1日の国立競技場代々木第一体育館公演の模様が掲載されている。TOKIOや嵐、Hay!Say!JUMP、生田斗真、A.B.C-Z戸塚祥太が集結し、国分太一が森田剛に突っ掛かるというお決まりのじゃれ合いなど、貴重な場面がギュッと詰まっている。

 嵐の櫻井翔が「僕らホントにあの、完全V6チルドレンですので」と話し始めると、二宮和也も続いて「僕らの青春は全てV6にありますから」と同意。櫻井はファンの1人として、V6の面々に「1人も欠けず、20年続けてきてくれてありがとう」と言葉を送っていた。その感謝の言葉を聞いた井ノ原快彦は「結構僕ね、何かカミセンからも暴露されるんですけども、相当ヤンチャだったみたいでね、昔ね。色々やっちゃったみたいで、その説はすいませんでした」と、過去に先輩ヅラした態度をとっていたことについて謝罪する一幕も。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク