[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

Kis-My-Ft2、2カ月連続リリースも“過去最低”枚数に! 『レインツリーの国』にも暗雲?

2015_kisuumai.jpg
金を落とす太いファンが離れてしまったのか……

 11月11日に発売されたKis‐My‐Ft2の新曲「最後もやっぱり君」が、オリコン週間ランキング1位に初登場。10月発売の前作「AAO」の初週18.2万枚を超える19.1万枚を売り上げたが、CDのセールスは一時に比べて明らかな落ち込みを見せている。

 つんく♂が作詞作曲を担当した新曲はしっとりとしたラブバラードで、11月21日から公開の玉森裕太主演映画『レインツリーの国』の主題歌に起用されている。今回は10月14日発売の「AAO」に続く2カ月連続のシングルリリースで、連動イベントも実施。CDに封入されているシリアルナンバーを集めると、12月24日に開催されるイベントに応募できるというものだ。

「今作の販売形態は、前作『AAO』と同じく初回生産限定盤と通常盤、キスマイSHOP盤の3種でした。『AAO』の初動記録は、2012年3月発売の『SHE!HER!HER!』の初動19.3万枚を下回る、過去ワースト記録。続く今作は、ワースト2位となってしまいました。『SHE!HER!HER!』の売り上げがイマイチ伸びなかったのは、1週間後に同曲を収録したアルバム『Kis‐My‐1st』が発売されたことが一因でしたが、今回はイベント応募権利を付けた割には失速。2作合計でも、3月発売の『Kiss魂』の初週35.6万枚をやっと超える程度ですからね。こちらは11種という多種展開だったため、やはり複数売りをしていかないと、売り上げは厳しいのかもしれません」(ジャニーズに詳しい記者)

 ジャニーズではCD発売週の前後に『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)などの音楽番組に出演して新曲の宣伝を行うが、キスマイは「AAO」での出演はなく、新曲も発売直後の出演はかなわなかった。直近で予定されているのは19日放送の『ベストヒット歌謡祭』(日本テレビ系)で、次の大型番組への露出は『2015 FNS歌謡祭』(フジテレビ系、12月2日放送)とみられており、ファンの間ではこうした状況に不満が噴出しているようだ。

「『Mステにキスマイ出して』『新曲2曲も発売してんのに』『Mステに出られなかったのは、売り上げ減少に影響してると思う』という声が出るなど、鬱憤がたまっているファンも少なくありません。一部ファンは13日からスタートした午後8時台のドラマ『子連れ信兵衛』(NHK BSプレミアム)にメンバーの宮田俊哉が出演しているため、『Mステ』と時間がかぶって出られないのではと予想する人までいます。果たして、宮田のドラマ出演が原因かどうかは疑問ですが……」(同)

 今作で「デビューからのシングル連続1位獲得作品数」は15作連続となったキスマイだが、15年のシングルは立て続けに初動記録ワースト1位&2位という残念な結果に終わっている。このような現状で「最後もやっぱり君」が主題歌になっている玉森の映画『レインツリーの国』はヒットとなるのだろうか?

玉ちゃんの肩にのしかかる「ヒット作」の任

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  8. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  15. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  16. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  19. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  20. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに