お門違いもいいところ?

AKB運営、激怒! 「淫行プリクラで活動辞退」報じたスポーツ紙に“異常すぎる処罰”

2015keyakizaka21.jpg
欅坂46公式サイトより

 ネット上に流出した“胸揉みプリクラ”の影響で、お披露目公演の直前に活動辞退を発表した欅坂46・原田まゆ。公式サイトで「活動辞退の申し出がありました。本日をもって欅坂46の活動を辞退させて頂くことをご報告いたします」と発表し、運営サイドは即座に炎上の“火消し”を行ったように見えたが、騒動の波紋は一部のAKB48御用達メディアにまで“延焼”してしまったようだ。

「蜜月関係であったはずの『スポーツニッポン』『サンケイスポーツ』の2紙が、原田の活動辞退を紙面で報じたことを理由に、欅坂だけでなくAKB関連の全グループの取材現場を、一律で出禁状態とされています。先日、島崎遥香が出席した『バイトAKB』の記者会見にも、スポーツ紙の中でこの2紙だけが姿を見せませんでした」(ワイドショーデスク)

 以前にも「フライデー」(講談社)が、秋元康と安倍晋三首相、幻冬舎・見城徹社長らが1枚の写真に収まった“組閣ごっこ写真”を掲載したため、講談社の全媒体がAKB関連のイベントに出禁処分となった(既報)が、「講談社全体のNGは解除され、予定されていた高橋みなみの書籍も来年発売されることとなりましたが、現在も『フライデー』は出禁状態のまま」(出版関係者)という。マスコミへの過剰な圧力で知られるAKBだが、御用達メディアの中心的存在であるスポーツ紙の出禁は異常事態のようだ。

「原田の活動辞退は、欅坂のオフィシャルHPで発表されたものですが、この直前、運営サイドからスポーツ各紙に『記事化はNG』と通達があったそうです。ところが『スポニチ』『サンスポ』の2紙は、公のニュースを報じないわけにはいかないと報道を断行。その結果、運営幹部を大激怒させてしまったんです」(同)

 プリクラに写っていた男性は、原田の出身中学校に勤務する教師だったため、ネット上では“淫行疑惑”と炎上に発展。しかし12日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によると、原田の父親が取材に応じ、「二人の交際を認めました」と明言している。

「運営サイドとしては、親にも挨拶済みの“真剣交際”であることから、“淫行”などといった文言が広まることが許せなかったようです。確かにその言い分は理解できますが、そもそも記事化を制限するなどはメディア側からすればあり得ない要求。結局、御用達のスポーツ各紙は、運営サイドの顔色をうかがいながら紙面を作るしかないのかという話です」(同)

 なお、年末にかけては『NHK紅白歌合戦』や高橋の卒業など、ビッグイベントが目白押しであることから「2紙の出禁は、すぐに解除されることでしょう」(同)という。両紙のWeb版でも原田に関する記事は削除されており、完全服従の姿勢を見せているだけに、AKBとマスコミのいびつな関係は今後も続いていくこととなりそうだ。

ゴシップ的な意味で、AKB運営の審美眼は超一流!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク