痩身信仰はもう終わり!男性に聞いた「激ぽちゃ女子」の魅力

黒いストッキングにハイヒールが似合う細い足首とふくらはぎ。
ニーハイが似合う細い太もも。
ほのかに腹筋が割れている締まったウエスト……。
「人気モデルみたいに細くなりたいっ!!」とか「失恋したから綺麗になって、いい男を手に入れたい!」という思いでモチベーションをあげ、本気でダイエットに励んでいる人も少なくないはず!

しかし!!!

「細ければいいなんて素人の考えること!」
と女性に困ったことのなさそうなモテ男さんが言い放ち、衝撃を受けました!
彼は、俗に言う“デブ専”。
私も本気になる女性の好みとは違いますが、ふくよかな女性を「可愛い」と思ったり、ぽっちゃりした女の子に癒されたりすることはあります。
それも一種の愛情かもしれません。
デブ専モテ男の彼を含め、ポッチャリ女子や激ポ(激ポチャ)女子(ポッチャリの上)が好きな男性5名から意見を聞いてみました。

■いいところ
・抱き心地がいい
・見ていて癒される
・優しい感じがする
・贅肉が女性らしい
・安心感がある

■いいところ―セックス編―
・痩せている女子に比べてアソコの中もふくよか、男性器を包み込まれている感じがなんとも言えない気持ち良さ。
・お肉のおかげで密着度が高くなり、とても愛を感じる。
・波打つ肉がたまらない。
・確実にパイずりができる。
・100cm超えバストはずっしり重くていじりがいがある。
・全身の肉々しい感触がかなり生々しく、汗っかきな女性が多いので激しいセックスをしている感がある。
・挿入しようとすると、まず太ももの壁に挟まれてからアソコへ挿入という「二段締め」は名器のような気持ち良さ。

■セックスでの難点
・肉をかき分けてのクンニするのはちょっと大変。
・アソコはお肉に埋まっているので、匂いがちょっときつい場合もある。
・体重が増えれば増えるほど、膣奥に届かない。
・お互いに長時間の騎乗位は頑張れない。
・アクロバティックな体位は皆無。
・150kg超えの激ポチャさんになってくると、気持ちいいという以前に不可能。

ポチャ系女子は、専門雑誌やファッションブランドなども増えて話題になっております。さらに、長い間、ぼんっ! キュっ! ぼんッ!! のメリハリボディが主流だった女の子のフィギアや、グラビア界でも大人気の様子!
今回お話を伺った方の中には「3桁台の激ポチャさんは女神だ!」と豪語している方も。

痩せにくい体質にも関わらず、無理なダイエットに挑戦して精神的に病んてしまったり、悩みの種となっている人よりも、好きなものを好きなだけ食べて人生を謳歌しているポチャさんのほうが人としても魅力的ですね。

人は見た目やセクシャリティなど関係なく、どんな形でもニーズがある場所を探して身をおけば必ず幸せになれるのだなぁ〜♪ と実感いたしました。

■谷川明日香/芸能経験を経てライフスタイル、美容の会社を設立。モテ男育成や婚活講座の講師や男性用コスメ「オールインワンメンズケア」をプロデュース。TVなどメディアでバイセクシャルをカミングアウトしている。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー