紗栄子はそういう女!

紗栄子、月9『5→9』女子会の写真に「番宣臭すごい」! 「むしろ自分のPR目的」との指摘も

saeko_gekku.jpg
『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)公式サイトより

 紗栄子が自身のインスタグラムに、現在出演中の月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)の共演者との写真を次々に公開している。先日は、主演の石原さとみ、高梨臨、中村アンとの出演女優の“女子会”の写真をアップしたが、ネット上では批判が渦巻く結果となってしまったようだが……。

 同作で7年ぶりに女優復帰を果たした紗栄子だが、初回放送終了時、インスタに「ドラマみてくれた? 大根すぎて自分でもびっくりだったけどw」と自虐とも感じ取れる内容を投稿をし、「真剣にやっている共演者に失礼」「やる気がない」などと批判を浴びることに。一説では、このドラマ出演は「イメージモデルを務めるブランドの宣伝目的」とも言われていた。

「そんな中、紗栄子は10日、石原、高梨、中村との女子会写真をアップ。豪華なメンツにファンからは喜びの声が上がったものの、一部ネットユーザーからは、『どうせ番宣でしょ』『宣伝臭、ビジネス臭がすごい』『紗栄子なんかと絡んでいると、あまり良い印象は持たれないと思うけど』といった批判の声も多く見受けられました。また、紗栄子は同ドラマの女優の中では3番手の役柄。石原を差し置いて、脇役の紗栄子が我が物顔で番宣のような写真をアップしていることに疑問を抱く人も少なくなかったようです」(同)

 紗栄子は“女子会”写真以外にも、撮影現場に差し入れしたというパンケーキを共演者が囲む写真や、速水もこみちとともにハロウィンシーンの撮影衣装に身を包んだ写真などをアップしている。

「ブランドの宣伝目的でドラマ出演を決めたという話を聞くと、紗栄子はむしろ共演者との写真をアップすることで、自分自身を売り込んでいるような気さえします。よくも悪くも紗栄子への注目度は高まっていますしね。演技力に関しては、女優業を活発にやっていた当時から“大根”と言われていたため、実はそこまで批判は出ておらず、紗栄子自身も今後本格的に女優復帰するつもりはないと思われるため、結果的に今回のドラマ出演は“おいしいとこ取り”かもしれません」(芸能記者)

 アンチからは煙たがられ、何をするにも酷評され続けている紗栄子。率先して番宣をするという優等生的行動も批判の的になってしまったが、本人的には万事OKなのかも?

話題とアンチ作りには定評のある紗栄子

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク