【うわさの会見場から】

SMAP・香取慎吾、「太陽は水星より小さい」と珍回答! マスコミが“報道自粛”する事態に

151026galaxy.jpg
『ギャラクシー街道』公式サイトより

 SMAP・香取慎吾主演の三谷幸喜監督作『ギャラクシー街道』の特別講座イベントが9日、都内で開催された。当日は三谷監督と香取が、観客500人に同作にちなんだ講義を繰り広げた。

 三谷にとって7作目の監督作となった『ギャラクシー街道』だが、「三谷作品で最低」「下ネタが不愉快」「お金と時間の無駄」など酷評が相次いでいる。三谷監督はイベント中、これに自ら言及して「(観客が)何を怒ってるんだ、バカ野郎!」と逆ギレしてみせ笑いを取ったほか、公開が控えるSF大作『スター・ウォーズ フォースの覚醒』の名を出して「結果的にライバルとなって負けましたね。企画はこっちが先だったのに、『スター・ウォーズ』がぶつけてきた」と発言。『スター・ウォーズ』ファンからは「一緒にすんな!」と批判される事態に発展している。

 こんな調子で冷めた目を向けられている三谷監督だが、イベントでは香取への冷笑が起きた場面もあったという。

「三谷監督が『宇宙の大きさについて』と名付けた講義を行い、『地球が六本木ヒルズにある野球の硬球だとすると、金星は麻布警察署にある軟式ボール』などと解説したときです。三谷監督が、香取に『太陽の大きさは』と話を振ったのですが、香取は『水星より小さいんですよね』と真顔で珍回答しました。これには報道陣も笑ってしまい、会場の香取ファンも『えぇ!?』と引き気味の声を上げていましたね」(映画ライター)

 ちなみに、水星は太陽系の惑星で一番小さく、地球の半分以下。太陽の大きさは、地球の約109倍といわれている。香取のウッカリ発言には、ファンも驚きを隠せなかったようだ。

「香取が『僕に振らないで。だってそんなこと聞かれると思ってなかったから』と真面目に取り繕ったため、報道陣も『ボケじゃなくて本当に知らなかったんだ……』とさとり、この部分を使用することは各社自粛となったようです」(同)

 三谷監督は、三谷作品常連である香取のこの失言に「『ハア? 皆さん、聞きましたか! 太陽は水星より小さい!?』と瞳を輝かせ、誰より煽っていた」(同)というから、香取のことは抜けた部分も含めて、お気に入りなのかもしれない。しかし『ギャラクシー街道』は酷評にさらされている状況。今後この2人のタッグが見られることはあるのだろうか……。

マスコミが慎吾に過保護すぎっていう微笑ましい話でした

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク