これは恥ずかしいダメ出し!!

篠原涼子『オトナ女子』、第5話8.3%に下落! 著名人が「あれはちょっと」と演出に苦言

2015otonajoshi.jpg
『オトナ女子』(フジテレビ系)公式サイトより

 篠原涼子主演ドラマ『オトナ女子』(フジテレビ系)の第5話が11月12日に放送され、視聴率は8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録したことがわかった。初回9.9%でスタートした同作だが、物語の中盤となる第5話でも2ケタに上昇することはなかった。

 恋愛や仕事に生きる現代のアラフォー女性をリアルに描いているという『オトナ女子』。第1話終了後、話題になった篠原の“髪をかき上げる仕草”や、トレンディドラマのような雰囲気もあって「ベタを楽しむドラマ」「ベタすぎて逆に面白い」という好意的なコメントもあるものの、第5話を見た視聴者からは「キャストが多いから話が散漫」「キャストはいいのにもったいない」などと辛辣な評価も出ていた。

 視聴率は第2話で9.2%、第3話はプロ野球日本シリーズの中継の影響で放送時間が繰り下げとなり、第7.2%にダウン。第4話は9.0%に回復したが、第5話では8%台になってしまった。

「同日は午後8時から『2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選』が放送され、視聴率は13.2%を記録。『オトナ女子』は午後10時20分からのスタートとなりましたが、前番組からおよそ5%も数字を落としてしまいました。裏番組の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)が12.6%で民放トップを獲得するなど、『オトナ女子』は横並びと比較しても弱い。今後、数字が上昇することは厳しいかもしれませんね」(芸能ライター)

 今期のフジドラマ(午後9~10時台)は、石原さとみ主演の月9『5→9~私に恋したお坊さん~』の第5話が11.7%、松坂桃李主演『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』の第4話が8.1%、西島秀俊主演『無痛~診える眼~』の第6話が7.6%と1ケタを記録する作品も多く出ているため、『オトナ女子』の1ケタはさほど目立っていない状態だが……。

「11月7日放送の『新・週刊フジテレビ批評』では『期待度高まる秋ドラマ徹底批評』というテーマで『コンフィデンス』(oricon ME)編集長の椎葉克宏やドラマ解説者の木村隆志氏らゲスト4人を迎えて今期ドラマの解説をしていました。それぞれが『オススメ作品』を挙げる中、9~10時台のフジドラマでは『オトナ女子』だけが選ばれず。また、同作では猫のちくわに吹き出しコメントを使用する演出もありますが、“主人公の気持ちをテロップで表示する作品も多くなっている”という話の中で、椎葉氏に『「オトナ女子」のアレはいらないですよね。猫の。あれはちょっと……。「偽装の夫婦」(日本テレビ系)はまだわかるんですけどね』と、批判される始末でした」(同)

 11月26日にはその猫を取り上げた写真集『ちくわ』(扶桑社)が発売されるというが、果たしてドラマの視聴率は上向きになるだろうか?

フジの「ちくわゴリ押し」が妙に物悲しい

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー