しいちゃんの芸能解説講座【裏】

吹石一恵に嫌がらせ&怪文書、広瀬アリスは妹より好評!? 今好かれる女優&嫌われる女優

hukishi-blog.jpg
吹石一恵公式サイトより

編集S は~ん、昨日DVDで『ファイティング・ダディ怒りの除雪車』を見てたんだけど超おもしろかった! でも誰に聞いてもこの映画を見た人がいないのよね~。え? なに? もっと乙女な映画の話をしろって? じゃあ、編集部から読めって言われた原稿を読み上げまーす。「9月19日に公開された桐谷美玲主演映画『ヒロイン失格』が好調って聞いたんだけど。興収23億2,000万円を記録した福士蒼汰・有村架純ダブル主演作『ストロボ・エッジ』(3月14日公開)を抜いて、今年公開の少女コミック原作映画で興行成績ナンバーワンになったとか」。これでいいでしょ?

しいちゃん 仕事なんだからもうちょっと丁寧にやってよ。そうそう、『ヒロイン失格』は、11月3日に興行収入23億3,000万円を突破。桐谷といえば、これまで出演してきたドラマでは「棒演技」「ヘタすぎてイライラする」と言われ、「あれ!? 演技下手なんじゃ…?と思う女優ランキング」(gooランキング、2014年11月20日)でも、6位に名前が挙がってた。ところが、今回はネットでも「地上波ドラマでの桐谷をいいと思ったことは一切ないがこの映画の桐谷は良い」「(原作漫画の主人公に)かなり寄せてて桐谷さんすごいなと思った」「桐谷みたいな人はその辺には転がってない」と見直されているみたい。

編集S 2010年に放送されたドラマ『女帝 薫子』(テレビ朝日系)の、田舎娘から銀座ホステスに成り上がる役と「おれ、負げね!」の名文句はバッチリだったじゃない。あとのドラマは一切見てないから知らないけど……。

しいちゃん さらに人気上昇中なのが、広瀬アリス。今期スタートのドラマ『釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~』(テレビ東京系)で、主人公・浜崎伝助(濱田岳)の行きつけの定食屋の店員で、のちに妻となる小林みち子役を演じているんだけど、「(妹の)すずより一万倍好感が持てる」「この姉妹あんま好きじゃなかったけど、このドラマで姉はちょっと好きになってきた」と、妹の広瀬すずと比較されて、評価を上げてる。

編集S 姉妹なんだから別人格に決まってんじゃん。片方が嫌いだから、もう片方も嫌いって小学生かよ! それにしても、妹の広瀬すずは、相当嫌われてるよね。

しいちゃん そうなの。妹の方は、出演した「一平ちゃん 夜店の焼そば」のCMで、「ぶちゅー!」「全部、出たと?」というセリフがヒワイだと話題となり、3月にセリフが差し替えになる事態に。まあ、これは彼女のせいではないにしても、6月には、出演した『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)で「どうして生まれてから大人になったときに、照明さんになろうと思ったんだろう?」、「(音声スタッフは)本当に声を録るだけでいいの?」とスタッフを軽視する発言をして大バッシングを受け、「性格悪い」「勘違い」「ぶりっ子」と女性からかなり嫌われてしまってる。

激情ポエマーたちよ、名作をありがとう!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ムショ飯はうまいのか?
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 新春ジャニオタ放談

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!