もう女優ギャグは見れないの?

“実績ない大女優”藤原紀香、バーニングと決別!? 愛之助結婚めぐり「芸能界のドン激怒」

norikafujiwara00.jpg
さようなら、ありがとう、紀香(棒読み)

 片岡愛之助との交際を宣言し、結婚間近とも報じられている藤原紀香だが、その裏で最大の支援者である“芸能界のドン”との間に不協和音が生じているという。来年3月と伝えられている結婚を機に、紀香は完全に芸能界から身を引いてしまうのか――?

 紀香の所属事務所・サムデイは、芸能界のドンことバーニングプロダクション・周防郁雄社長が、彼女のために設立した芸能事務所とされている。かねてからドンと紀香の蜜月は有名で、紀香のマスコミ対応は、全てバーニング社員で“番頭”と呼ばれる、広報責任者のK氏が担当していた。

「ところが、ここ最近になって、紀香の出演するイベントにK氏の姿が見えなくなったんです。また、朝刊スポーツ6紙のバーニング担当記者(B担)が現場に全員揃わないこともあって、さまざまなウワサがささやかれています」(週刊誌記者)

 紀香の現場にK氏、そしてB担記者が姿を見せないだけでも異常事態だが、その原因は、紀香とドンの関係がこじれてしまったからだと見られているという。

「一説には、ドンがK氏に対して『もうあいつの現場には行かなくていい』と直言したとも言われています。愛之助との交際や結婚をめぐって、ドンと紀香は意思の疎通が図れなくなっており、近頃では連絡さえままならない状態なのだとか。この状況が続けば、必然的に紀香の居場所自体、つまり芸能界から消滅しかねません。実績がないのに大物女優ぶれるのも、時間の問題かもしれません」(ワイドショーディレクター)

 一方で紀香の私生活に関しては、かねてから不穏なウワサも漏れ伝わってくる。

「紀香が傾倒しているといわれる、風水建築デザイナー・直居由美里氏の存在です。直居氏には、雑誌社の幹部や有名芸能人など、さまざまなシンパが存在しますが、紀香もその1人。近頃のチャリティ活動や愛之助との結婚も、紀香はドンではなく、直居氏からアドバイスされて決めたのだとか。ドンが激怒しているのもうなずけます」(同)

 ドンの後ろ盾を失いつつある紀香は、近い将来、テレビから姿を消してしまうのだろうか。

風水師にドンと仲直りする方法を聞いてみな

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  7. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  8. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  9. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  10. “消えたAKB48”河西智美は今
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  15. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  16. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  17. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  18. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  19. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ