それ、亀山社長の戯言だよ

「どうやったらイタイ女になれます?」篠原涼子、『オトナ女子』現場で大混乱とのうわさ

2015otonajoshi.jpg
『オトナ女子』(フジテレビ系)公式サイトより

 今クールの連続ドラマでは、天海祐希主演の『偽装の夫婦』(日本テレビ系)と並んで“鉄板”との下馬評でスタートした篠原涼子主演『オトナ女子』(フジテレビ系)だが、局サイドの期待とは裏腹に、初回平均視聴率9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、最新の第4話も9.0%と、1ケタ続きの苦戦を強いられている。さらにフジトップの“苦言”が災いして、現場は混乱状態に陥ってしまっているという。

 男に振り回されるアラフォーOLが繰り広げる恋愛コメディである同ドラマは、いわばフジの“王道ドラマ”。篠原主演のスマッシュヒットドラマ『ラスト・シンデレラ』と同じプロデューサーを投入し、篠原の恋人役には“抱かれたい男”ナンバーワンの斎藤工が起用されている。

「数字を持っているキャスティングに加えて、フジが結果を残してきたトレンディドラマ路線のど真ん中。少なく見積もっても、10%台後半程度の数字を見込んでいたはずだけに、関係者の落胆は大きいです」(テレビ局関係者)

 この期待ハズレの滑り出しについては、フジテレビトップ・亀山千広社長も自ら言及。先月23日に行われたフジの定例会見の席で「涼子ちゃんがあまりに美しすぎるので、イタくないんですよね。篠原さんの“イタみ”をもう少し出せるようにできれば。(中略)感情移入するのに、もっと、切なくしないと」と、篠原の演技に対するダメ出しを行ったのだ。

「この亀山社長の発言に、篠原は『視聴率が伸びないのは自分の責任』と思い悩んでしまっているんです。共演者やスタッフに『私、どうやったらもっとイタイ女になりますかね?』と相談して、これまでの役作りも全否定する勢い。社長の意見だけに、無視するわけにはいかないのは当然ですが、ほんのひらめきや思いつきのようなコメントで、主演女優を混乱させてしまったとあって、現場からすれば迷惑以外の何物でもありませんよ」(制作会社スタッフ)

 亀山社長は7月の会見時も、視聴率不振を極めたEXILE・AKIRA主演の『HEAT』について「燃えてほしい。鎮火傾向ですから……」などとダメ出しをしていた。フジの番組がニュースになり、話題につながることを見越してのコメントだったとしても、作品の命運を握る主演・篠原のアイデンティティを否定しかねない物言いは、現場の士気を著しく低下させる結果となってしまったようだ。

何が一番アレって「涼子ちゃん」という呼び方ね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  5. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  13. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  14. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  15. キャラ変え好調の乙武洋匡
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー