それ、亀山社長の戯言だよ

「どうやったらイタイ女になれます?」篠原涼子、『オトナ女子』現場で大混乱とのうわさ

2015otonajoshi.jpg
『オトナ女子』(フジテレビ系)公式サイトより

 今クールの連続ドラマでは、天海祐希主演の『偽装の夫婦』(日本テレビ系)と並んで“鉄板”との下馬評でスタートした篠原涼子主演『オトナ女子』(フジテレビ系)だが、局サイドの期待とは裏腹に、初回平均視聴率9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、最新の第4話も9.0%と、1ケタ続きの苦戦を強いられている。さらにフジトップの“苦言”が災いして、現場は混乱状態に陥ってしまっているという。

 男に振り回されるアラフォーOLが繰り広げる恋愛コメディである同ドラマは、いわばフジの“王道ドラマ”。篠原主演のスマッシュヒットドラマ『ラスト・シンデレラ』と同じプロデューサーを投入し、篠原の恋人役には“抱かれたい男”ナンバーワンの斎藤工が起用されている。

「数字を持っているキャスティングに加えて、フジが結果を残してきたトレンディドラマ路線のど真ん中。少なく見積もっても、10%台後半程度の数字を見込んでいたはずだけに、関係者の落胆は大きいです」(テレビ局関係者)

 この期待ハズレの滑り出しについては、フジテレビトップ・亀山千広社長も自ら言及。先月23日に行われたフジの定例会見の席で「涼子ちゃんがあまりに美しすぎるので、イタくないんですよね。篠原さんの“イタみ”をもう少し出せるようにできれば。(中略)感情移入するのに、もっと、切なくしないと」と、篠原の演技に対するダメ出しを行ったのだ。

「この亀山社長の発言に、篠原は『視聴率が伸びないのは自分の責任』と思い悩んでしまっているんです。共演者やスタッフに『私、どうやったらもっとイタイ女になりますかね?』と相談して、これまでの役作りも全否定する勢い。社長の意見だけに、無視するわけにはいかないのは当然ですが、ほんのひらめきや思いつきのようなコメントで、主演女優を混乱させてしまったとあって、現場からすれば迷惑以外の何物でもありませんよ」(制作会社スタッフ)

 亀山社長は7月の会見時も、視聴率不振を極めたEXILE・AKIRA主演の『HEAT』について「燃えてほしい。鎮火傾向ですから……」などとダメ出しをしていた。フジの番組がニュースになり、話題につながることを見越してのコメントだったとしても、作品の命運を握る主演・篠原のアイデンティティを否定しかねない物言いは、現場の士気を著しく低下させる結果となってしまったようだ。

何が一番アレって「涼子ちゃん」という呼び方ね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  2. 結婚ハイで好感度大暴落のタレント
  3. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏
  4. 菊地亜美の会見がド修羅場に
  5. 『めちゃイケ』ジャニーズにモザイクの怪
  6. 『スター名鑑』スピード打ち切り舞台裏
  7. 野村周平のアンチが急増しているワケ
  8. 「タウリン配合」はまったく意味ナシ!
  9. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  10. 『まいジャニ』で盛大にドヤる永瀬廉
  11. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  12. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  13. 城島の「柿」ダジャレに苦笑、国分の自虐にツッコミ! 『鉄腕!DASH!!』の山口達也は大変だ
  14. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  15. 栄養ドリンクで疲労は一切とれない
  16. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 三代目JSB・山下の恋人にファン大混乱
  19. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  20. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画

ジャニーズの人気記事

  1. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏
  2. 『まいジャニ』で盛大にドヤる永瀬廉
  3. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  4. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】

カルチャーの人気記事

  1. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  4. あの子に赤ちゃんを殺される! ボールをぶつけ、階段から突き落とす5歳女児に恐怖
  5. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて

海外ゴシップの人気記事

  1. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  2. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  3. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も
  4. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  5. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!