[女性誌速攻レビュー]「美人百花」11月号

「個性的に見えないオシャレ」を堂々と掲げる「美人百花」の“ファッション”へのジレンマ

bijinhyakka1511.jpg
「美人百花」2015年11月号(角川春樹事務所)

 今月の「美人百花」(角川春樹事務所)によると、今年はミニスカ復活なんだそうです。ご丁寧に、プレスやスタイリスト、読者からの「ミニスカをオススメする理由」というコメントまで掲載する念の入れようですが、アラサー世代にミニスカは本当にはやっているのでしょうか?

<トピック>
◎今年はミニスカが大人っぽくなって復活です(はーと)
◎「絶対ハズさない本命コートだけ集めました!」
◎個性的に見えないオシャレでカンタンな「色合わせ」カラーサンプル集

■「美人百花」流ミリタリーコートの着方とは?

 ミニスカのオススメコメントを見てみると、「スタイリストさんからのリース率がハンパない」「展示会でオーダーされる」「トレンドアイテムのロングブーツとの相性がいい」「身長の低いSガールでもはきやすい」といった声が上がっていました。確かに、「スタイリストさんがよく借りていく」と聞くと、本当にはやっているのかも……と思いますが、疑わしいのは、「昔っぽく見えないアラサー向けコーデをまずはイチからお届け!」という言葉。ここに、「美人百花」に常につきまとう“コンプレックス”が表れているような気がしました。

 そのコンプレックスとは、フェミニンなスタイルを求めている読者が多いのに、カジュアル優勢の今、フェミニン=ちょっと昔っぽく、ダサく見えてしまうというもの。実際の「美人百花」読者もまた、雑誌が抱えるジレンマと同じような悩みを抱えているのではないでしょうか。

「絶対ハズさない本命コートだけ集めました」という特集でも、チェスターコートやダッフルコートなどの定番に加え、パステルカラーのコート、部分ファーコート、ヒロインに見えるダウンコート、ケープ風コートなど、流行とは違った女の子らしいスタイルを紹介しつつ、フェミニンとは正反対な「こなれ」要素を捨てきれず、ミリタリーコートもクローズアップ。ただ、そのミリタリーコートをハードな雰囲気では着こなせないからか、「レディに振るのが鉄則!」とフォローの一文が。この迷走する誌面には、「女の子っぽくしないと、自分が自分でなくなる」「男の人にレディじゃないと思われるのが怖い」といった読者の不安すらも感じとってしまうのです。

 それならもう、読者も「誰がなんと言おうと、私はレディで行く!」と宣言して、また「美人百花」もそんな女性のバイブル的雑誌になれればいいのですが、そこまで振り切るのはまだまだ難しいようです。

個性を殺したオシャレって、もはや顔とスタイル頼みなんじゃ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  6. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  7. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  8. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  11. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  14. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  15. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  16. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 藤原さくら、違和感だらけの起用

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに