[女性誌速攻レビュー]「ar」11月号

半目・いびき・大の字はNG! 熟睡中にまで“可愛い”を要求し、女子を追い詰める「ar」

ar1511.jpg
「ar」2015年11月号(主婦と生活社)

 先月号では、表紙を飾った女優・有村架純に「arはどの雑誌よりも、色があって独自の路線を確立されてるイメージ」「arは振り切っているイメージもあるんですが、女の子が大好きな“キュン”をする世界観を表現していらっしゃる」と、とってつけたように賞賛させていた「ar」(主婦と生活社)。今月号も新垣結衣に「アールのカバー初登場、光栄です! 明確なコンセプトがあり、振り切っている印象があるので……」と言わせていました。「振り切っている」という言葉がよほどお好きなようですが、さて今月号ではどんな振り切り方を見せてくれているでしょうか。

<トピックス>
◎男の子のハートに寄り添うおフェロ顔
◎寝起きが一番セクシーって言われたい
◎とってもビューティな服&小物

■結局、モテるのは我の主張をしないすっぴん風

 今月号は、「可愛い」をテーマとしたビューティ特集号。「男の子のハートに寄り添うおフェロ顔」という企画では、モテメイクを指南しています。「王道MOTE全盛り顔」「お色気顔」「甘えんぼ」「小悪魔ちゃん」「ツンデレオンナ」「TAKANE上品」といったタイプに分けているのですが、全てに共通することは、やりすぎ禁物。“淡く”“軽くて涼しそう”“丁寧”“がキーワードとなっています。“振り切ってる”と評価されているはずの「ar」ですが、「結局、そこに行き着くか」と肩すかしな内容でした。

 さらに、メイクに対する男性の意見を紹介しているのですが、これがまた言い古されたような“さりげなさ”“薄さ”“素っぽさ”を信仰する言葉ばかり。

「まつ毛はすごく長いんだけど、アイラインは少ししか引いてない、みたいな薄盛り系の目元がいいと思うな」
「生っぽい肌は近づいた時のツヤめき感がとてもエロい」
「ちょっとタレ目だったり、頬はふわっとピンクっぽかったり、父性をくすぐる幼さ?みたいなものに弱いかも」

 「○○だけど、○○にあらず」という禅問答のような難題の押し付けばかり! そんなに“うっすらピンクの生っぽい肌”が好きなら、ハダカデバネズミでも抱いて寝てろと言いたいですね。こうした男の意見通りにメイク法を極めていくと、最終的には、細部まで作り込まれているが、それを感じさせないさりげなさ、といった職人芸というか、ニッポンのものづくり的な話になってしまう。ただ、そういうストイックなメイクは、ほかの美容専門雑誌でやればいいんじゃないかと思うのですが、どうなんでしょうか。タレントを使って「振り切っている」と言わせて自画自賛するだけでなく、きちんと形で“振り切っている”「ar」を表現してほしいと思います。

黙って寝らせろや!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  4. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  5. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  6. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  9. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  14. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  18. 『カウコン』意外な舞台裏
  19. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  20. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー