暴露する歌姫

華原朋美、ココリコ遠藤に“口説かれた”告白で「痛い」! 歌手業も「オリコン36位」の窮地

1511_kaharatomomi_01.jpg
『ALL TIME SINGLES BEST』/Universal Music =music=

 8日、前週に引き続き『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)に出演した歌手・華原朋美が、過去の恋愛暴露トークを披露し、ネット上で物議を醸している。華原が登場したのは、過去の恋愛をカルタにして読み上げるという企画で、“ピー音”で隠されてはいるものの、元恋人・小室哲哉との交際について語り、またココリコ・遠藤章造に口説かれた過去を告白したという。

「華原は、千秋の誕生日会で遠藤に『お前も、俺と付き合ってればな』と言われたと明かし、番組は大盛り上がりしましたが、ネットユーザーからは『ゴシップでしかテレビに出られなくなったな』『ただただ痛い』『本当にかわいそうな人』など、批判の声が噴出。また2週にわたり、小室との過去をこれでもかというくらいしゃべっていたことも、視聴者の反感を買ってしまったようで、『KEIKOがくも膜下出血で療養中という状況をわかってるの?』といった声が出ていました」(芸能ライター)

 2012年に『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)で復帰後、竹田恒泰や本間朋晃との熱愛で世間を騒がせ続けてきた華原だが、ネット上では絶えず「話題作りのためにプライベートを切り売りしている」といった批判が上がっている。

「番組では、寝る前に『ずっと2ちゃんねるを見てる』『へこんで寝る』と話していましたから、自分に対する世間の評価は知っているはず。それでも、暴露タレント路線を突き進むのは、芸能界で生き残るためには、それも致し方なしと思っているのではないでしょうか。今年5月、16年ぶりに小室とタッグを組んだシングル『はじまりのうたが聴こえる』は、オリコン週間シングルチャート最高36位で、自身のシングル売り上げワーストを更新と大惨敗していましたし、まさに今が正念場と感じているのでは。しかし、今回の出演でだいぶ過去のネタを使ってしまいましたから、果たしてこの売り方がいつまでもつのやら……」(同)

 今年のハロウィンには、胸を強調した写真を自身のTwitterにアップし、「痛々しい」「話題作り」「あざとい」といった否定的な声が多く上がってしまった華原。ファンとしては、露出や暴露路線ではなく、歌手として返り咲くことを期待しているようにも思うが……。

紀香と朋ちゃんは、谷間を見せたがるタレントの二大巨頭

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  5. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  6. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  7. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  8. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  9. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  12. テレビとギャップありなジャニーズ
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  15. GENKING、元カレ質問で大失態
  16. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  17. 西内まりや、なぜ月9主演受けた?
  18. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 松潤の飲尿プレイ疑惑にショック

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  4. テレビとギャップありなジャニーズ
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. カニエ、親族にゆすられていた