『エクスペンダブルズ4』も製作予定!

スピンオフ作品の続編も!? シルヴェスター・スタローン、「死ぬまでロッキーを演じる」と宣言

SylvesterStallone02.jpg
69歳でも筋肉一筋という潔さが、スタローン人気を支えているの!

 23歳で本格的に俳優を目指すもなかなか売れず、食べるためにソフト・ポルノ映画にまで出演したシルヴェスター・スタローン。29歳のときに観戦した世界ヘビー級タイトルマッチ「モハメド・アリ対チャック・ウェプナー」の試合に強い感銘を受け、脚本を執筆した。書き上げた作品を映画配給会社/映画スタジオの「ユナイテッド・アーティスツ」に売り込み、契約。その作品は1976年に『ロッキー』というタイトルで公開され、「不良が心身を鍛え上げ、拳ひとつで英雄になる」というベタベタなアメリカン・ドリームに世界中が熱狂した。アカデミー賞最優秀作品賞を受賞し、シルヴェスターは以後、『ロッキー』シリーズ、『ランボー』シリーズ、『コブラ』と熱いアクション映画に主演し、アメリカを代表するアクション俳優となった。

 彼の出世作となった『ロッキー』シリーズだが、79年に『ロッキー2』、82年に『ロッキー3』、86年に『ロッキー4/炎の友情』、90年に『ロッキー5/最後のドラマ』、2006年に『ロッキー・ザ・ファイナル』が公開。完結したものとみられていたが、13年、大手映画製作/配給会社「MGM」は、『ロッキー』のスピンオフに当たる『クリード チャンプを継ぐ男』を製作し、シルヴェスターがロッキー役で出演すると発表した。『クリード』は、ロッキーの永遠のライバル、アポロ・クリードの息子アドニスがボクシング・チャンピオンになることを夢見て、ロッキーにトレーナーになってほしいと頼み込み、二人三脚でチャンピオンベルトをつかみ取るというストーリーだ。

 6月に公開された『クリード』の最初の予告編は、ロッキーの登場シーンが少なく、ファンからは落胆の声が上がったが、9月に公開された予告編第二弾は、主人公とロッキーの絡みが大幅に増えた。ロッキーが入院しているシーンもチラッと紹介され、「ロッキーは病気なんだ」という台詞も聞こえるため、『クリード』がシリーズ化される可能性はあっても、ロッキーが登場するのはこれが最後になるだろうとみられていた。

 しかし、『クリード』全米一般公開を間近に控えたこのタイミングで、シルヴェスター自身が、「まだまだロッキーを演じる」と宣言したのだ。

 シスヴェスターが宣言したのは11月6日、『クリード』の撮影が行われたフィラデルフィアで開催されたイベントに出席した際のこと。イベントは、ロッキーが一気に駆け上がり両手を上げてガッツポーズを取る、『ロッキー』の名シーンのロケで有名となったフィラデルフィア美術館の正面階段で開催。『クリード』でアドニス役を演じたマイケル・B・ジョーダンと、アドニスの恋人役のテッサ・トンプソン、監督/脚本家のライアン・クーグラーも参加した。

 そのイベントで、シルヴェスターが、ウワサされていた『クリード』のシリーズ化について、「続編はあるよ。まだ続く」とサラッと発言。そして、自身が演じるロッキーについても、「最終的に奴が天国に行くまで、しつこく演じ続けるぜ」と宣言したのだ。

 実は『ロッキー』シリーズは当初『ロッキー3』で完結する予定だったが、あまりにもヒットしたため、『ロッキー4』が製作された。『ロッキー5』で今度こそ完結する予定で、シルヴェスターもそのつもりで脚本を執筆した。そこでは、ストリートファイトの最中に弟子の腕の中で息を引き取ると書かれていたのだが、監督が「ロッキーは死なない」と言いだし、息子に手を引かれてヨタヨタと例のフィラデルフィア美術館の正面階段を駆け上がるというラストシーンに書き直されてしまった。これにはシルヴェスターもファンも不満をあらわにし、『ロッキー・ザ・ファイナル』は微妙なエンディングながらも、完結したとファンに受け入れられたはずだった。

 今回の『クリード』について、シルヴェスターは当初、『ロッキー』のスピンオフ作品だが別物だと説明。ロッキーのトレーナーのミッキーは死んでるし、妻のエイドリアンも他界。親友で義兄ポーリーや、息子ロバートも出てこない。『クリード』のロッキーは天涯孤独な独居老人という設定になっている。だが、ファンにとって、シルヴェスターが演じるロッキーは、何十年たっても、何回演じても、あのロッキー。今回、シルヴェスターが、「奴が天国に行くまで、しつこく演じ続ける」と宣言したことで、本人もそう思っていることが明白になったのである。

 昨年公開された主演映画『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』で完結したとみられていた『エクスペンダブルズ』シリーズも、第4弾が17年の公開目指して製作されるようだと報じられるなど、老いてますます多忙なシルヴェスター。来年で70歳とは思えぬほど精力的に活躍しているが、4年前に36歳の若さで亡くなった長男セイジの分まで人生を全うしたいと思っているのかもしれない。

 『クリード』でのロッキーはガンのような重い病に侵されているという設定とのことだが、シルヴェスターは、あと何作ロッキーを演じるつもりなのだろうか。5日に開催されたプレミア上映会で一足先に『クリード』を鑑賞したフィラデルフィア市長は、「アカデミー受賞間違いなしだ!」と大興奮していたが、果たして『クリード』は『ロッキー』と同じく歴史的な大ヒット作となるのか。『クリード』の日本公開は、12月23日となっている。

将来的には、マイク・タイソンの孫、モハメド・アリのひ孫まで出てきそう……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  7. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “消えたAKB48”河西智美は今
  10. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. ムショ飯はうまいのか?
  13. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  16. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  17. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 新春ジャニオタ放談
  20. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!