今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

高部あい逮捕でミソがついた、フジテレビの正月特番ドラマが向かう先

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

takabeai02.jpg
代表作は薬物逮捕、そんな芸能界人生……

◎やることなすこと
 クスリで逮捕された高部あい。高部あいって、この件までまったく知らなかったけど、知れば知るほど、生ける都市伝説のごとき娘さんであるな。このせいで、フジテレビの米倉涼子の正月特番ドラマがお蔵入りの危機にあるというが。これで正月にこのドラマが放送されても「どこが撮り直しの部分なんだろ」という興味しか持たれなくなる気が。もうそれでいいのか、フジテレビは。これも1つの番宣ということなのか。

 どんなにインパクトある話題も、フジテレビという病には勝てないもんだな。年末に格闘技やるんだってね。緩慢な自殺か。本当に、誰か止めてあげて。

◎ある種の発明
 今、話題の本といえば『火花』(文藝春秋)ではなく『亞書』(りすの書房)。国会図書館の納本制度が、こんな形で悪用できるとは。ほんと、こういうのって最初に思いついたモン勝ちなんだよなぁ。

 「せどり養成講座」とかに入っちゃうタイプの人は、こういう閃きが自分の人生にも起こることを期待してるんだろうが。こういう閃きは「せどり養成講座」では学べない。そもそも閃く人は講座入らない。自分だけコッソリ稼いでるのだ。それ以外の凡人は、コツコツ生きていくしかないのである。見極めろ。そして働こう。

◎もはや羞恥の対象に
 『世界野球プレミアム12』かぁ。風邪薬か。『ワールド・ベースボール・クラシック』もまだそれほど定着してないっつうのに。突貫工事も極まれりだな。錬金術のためだけに作られたこんなハリボテ大会、たとえ勝ったとしてもほとんど有難味がない。「モンドセレクション金賞受賞!」と、印象としては同じである。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  15. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 他人の記事をパクるのはこんな人

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!