今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

高部あい逮捕でミソがついた、フジテレビの正月特番ドラマが向かう先

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

takabeai02.jpg
代表作は薬物逮捕、そんな芸能界人生……

◎やることなすこと
 クスリで逮捕された高部あい。高部あいって、この件までまったく知らなかったけど、知れば知るほど、生ける都市伝説のごとき娘さんであるな。このせいで、フジテレビの米倉涼子の正月特番ドラマがお蔵入りの危機にあるというが。これで正月にこのドラマが放送されても「どこが撮り直しの部分なんだろ」という興味しか持たれなくなる気が。もうそれでいいのか、フジテレビは。これも1つの番宣ということなのか。

 どんなにインパクトある話題も、フジテレビという病には勝てないもんだな。年末に格闘技やるんだってね。緩慢な自殺か。本当に、誰か止めてあげて。

◎ある種の発明
 今、話題の本といえば『火花』(文藝春秋)ではなく『亞書』(りすの書房)。国会図書館の納本制度が、こんな形で悪用できるとは。ほんと、こういうのって最初に思いついたモン勝ちなんだよなぁ。

 「せどり養成講座」とかに入っちゃうタイプの人は、こういう閃きが自分の人生にも起こることを期待してるんだろうが。こういう閃きは「せどり養成講座」では学べない。そもそも閃く人は講座入らない。自分だけコッソリ稼いでるのだ。それ以外の凡人は、コツコツ生きていくしかないのである。見極めろ。そして働こう。

◎もはや羞恥の対象に
 『世界野球プレミアム12』かぁ。風邪薬か。『ワールド・ベースボール・クラシック』もまだそれほど定着してないっつうのに。突貫工事も極まれりだな。錬金術のためだけに作られたこんなハリボテ大会、たとえ勝ったとしてもほとんど有難味がない。「モンドセレクション金賞受賞!」と、印象としては同じである。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  2. 菊地亜美の会見がド修羅場に
  3. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  4. 野村周平のアンチが急増しているワケ
  5. 三代目JSB・山下の恋人にファン大混乱
  6. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  7. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  8. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  9. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  10. “○○が面倒くさい”芸能人
  11. 丸山の繊細なブログにファンも心配
  12. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  13. 栄養ドリンクで疲労は一切とれない
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「タウリン配合」はまったく意味ナシ!
  16. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  17. 月9イケメン俳優3人の業界評は?
  18. 『スター名鑑』スピード打ち切り舞台裏
  19. 「ド修羅場会見」を関係者暴露
  20. “意外すぎる”不倫常習犯タレント

ジャニーズの人気記事

  1. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  2. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  3. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  5. 近藤真彦「嵐派だから」と軽口発言

カルチャーの人気記事

  1. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  2. あの子に赤ちゃんを殺される! ボールをぶつけ、階段から突き落とす5歳女児に恐怖
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  2. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も
  3. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  4. M・タイソン、ブラピに妻を寝取られた過去
  5. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!