「俺が開発してやる」という、危険な願望を持つ男たちに欠けているものとは

 「女性の肉体を開発する」という言い回しは、AVでも官能小説でもエロ漫画でも、アダルト界隈ではよく使われます。フィクションの世界であれば、ひとつのセックスファンタジーとしてありえるのでしょう。古くは「源氏物語」の紫の上のように、何も知らない無垢な女児を自分色に染め上げることに憧れる人は少なくないようです。光源氏は少女だった紫の上の教養を伸ばし、理想の女性に仕立てたので、セックスの手ほどきをしたというわけではありませんが、そこにまで想像を広げて読む人は昔もいま数えきれないほどいます。

 この「開発する」を現実の世界で見聞きすると、背筋のぞわぞわが止まりません。今月、「『君を開発したい』生徒に性的メールし免職の男性教諭の処分取り消し 東京地裁は『停職が妥当』」というニュースがあり、33歳の男性教諭が2011年度に担任していた女子生徒に対して行ったスクールセクハラが報じられました。なんておぞましい……。開発願望メールは、教諭から女性に送られた計845通のひとつです。しかもそのうち829通がたった3週間程度のうちに集中して送られたものというから、女子生徒の心痛はいかばかりだったことでしょう。

 教諭と未成年の生徒という圧倒的な上下関係を利用した性的いやがらせにより男は懲戒免職処分とされましたが、本人はそれを不服として訴訟を起こし、なんとその結果、地裁では「停職処分が相当だった」とされているとのこと……ハァ? その根拠はぜひ記事を読んでいただきたいのですが、セクハラメールを集中的に送った期間が短いからといって女子生徒の心の傷が浅いとはかぎらないし、男が自主的にメール送信をやめたところで何ら褒められることはありません。その段階で彼女を十二分に追い込んでいます。性被害における女性のダメージがいかに軽視されているかを、ありありと浮かび上がらせる判決です。

 いろんな怒りが収まらない記事ですが、今回、考えたいのは〈男性の開発願望〉なので、記事についての個人的な見解をしたためるのはこのあたりでやめておきます。この男性は「君を開発したい」のほかにも、「君が気持ちいいと感じるところを探る。これを『愛撫』といい、大切な行為なんだよ」とも送っていて、〈自分が女性を性的に教え導く立場だ〉という意識の強さがうかがわれます。

◎男だから、教えてやれる

 30代と10代、社会人と未成年、教師と生徒。一般的には知識や人生の経験値に差がある関係です。経験値や知識の豊富なものがまだ未熟なものへいろんなことを教え授ける、それ自体は人として基本的な営みですが、セクハラもパワハラも他の嫌がらせも、その立場の違いを悪用したものです。加えて、開発願望の強い男には「男だから、女にいろんなことを教えてやれる」という発想も必ずくっついているため、気持ち悪さは何倍にもはね上がります。

 私のもとにSNSをとおして、「バイブよりチンコのほうがいいだろ」「だから俺のを試してみろよ」的なメッセージが届くことはこれまでにも当連載で書いてきたとおりですが、バイブコレクターという活動をはじめて数年、その回数は数えきれません。男っつーのはどうしてこうゲスい下心を隠そうとしないんだろうと、いまでも萎えます。自分が少し損なわれた感覚もあります。なぜそう感じるのかを立ち止まって考えたところ、「この女はチンコの快感を知らずにバイブで悦んでいるのだろうから、俺さまが教えてやろう」という上から目線の開発願望がそこにあるからだと気づきました。

 こうなると、下心オンリーのほうがまだマトモに見えます。自分にチンコがあるだけで女性に快感を与えられると思っている彼らに私が訊きたいことは、ひとつです。あなたたちが私の身体の何を知っているんですか? と。

 バイブを使うとき、基本的には自分の気持ちいいところに当てます。私の場合はバイブレビューのためにいろいろ探るので、それによって偶然よりキモチイイところが見つけることはたびたびありますが、自分のどこをどうすれば気持ちいいかは把握しています。イクだけならセックスよりも、自分で自分を刺激するほうがよほど簡単です(バイブを使う/使わないは別として)。

 私たちは別に男性に教えてもらわなくたって、自分の快感に出会えます。初体験の前にマスターベーションを覚えたという女性は多いですし、そこですでにオーガズムを体験している人も少なからずいます。私も中イキは知りませんでしたが、クリイキは処女のうちに体験済みでした。これは自分の手でつかんだオーガズムです。

◎他者の身体への謙虚さ

 もちろん、セックスパートナーによって初めてもたらされる快感もあるでしょう。その人に開発願望がなくても、偶然とった体位がたまたまイイとか、その人の触れ方がこれまでになくイイとか。そうやって新たに出会う快感は、〈開発〉とはまったく異なるものです。お互いの間で起きた化学反応なようなもので、どちらかからどちらかに一方的に与えられるものではありません。

 自分の身体は自分が1番知っています。チンコがあるっていうだけで、女性の身体を熟知できるわけはなく、まして必ず快感を与えられるという保証もない。いままで何人の女性とセックスしてきたとしても、いま目の前にいる女性の身体をその女性本人以上に知っているということはあり得ないのです。

 と考えると、〈開発〉などという傲慢なことを考える男性には、他人の身体に対する謙虚さが決定的に欠けているとわかります。そして女性のメンタルにも無頓着で無神経で、まったく配慮できないことは考えるまでもありません。開発願望がある→セクハラ、スクールセクハラ、性犯罪の加害者になるとは一概にいえないにしても、そうなってしまう芽があるように思えてなりません。

 といいつつ、パートナーと長いつき合いをしているとその謙虚さを忘れそうになります。「こうしておけばキモチイイんでしょ」という、おざなりかつ上からの愛撫に陥らないよう、私もここらでひとつ気を引き締めることにします。

■桃子/オトナのオモチャ約200種を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「俺が開発してやる」という、危険な願望を持つ男たちに欠けているものとはのページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  2. 叩かれた“主婦タレントの手料理”
  3. 『VS嵐』女子アナ出演で炎上
  4. キスマイ・横尾、北山批判発言で波紋
  5. 成宮寛貴、“友人A氏”の意外な今
  6. 『東京タラレバ娘』最終回にクレーム!?
  7. 伊藤英明、異例セックス写真掲載のワケ
  8. “クズすぎる男性タレント”暴露
  9. 1月期ドラマのワースト&ベスト
  10. ベッキーにスタッフ怒りのワケ
  11. 渡辺直美に見る「女の生きづらさ」
  12. GACKTの“男性器”は改造しまくり?
  13. Mattに願う、たった1つのこと
  14. 山本裕典、最上もがをお持ち帰り!?
  15. 『べっぴんさん』明美の一言が大反響
  16. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  17. キスマイ・横尾、女性と親密写真流出
  18. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  19. ジャニオタがハロプロ番組を見たら
  20. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ

ジャニーズの人気記事

  1. 『VS嵐』女子アナ出演で炎上
  2. キスマイ・横尾、北山批判発言で波紋
  3. キスマイ・横尾、女性と親密写真流出
  4. ジャニオタがハロプロ番組を見たら
  5. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  3. 親が離婚した子の「幸せ」とは?
  4. お下品なママサークルぶっ潰してやる!!
  5. 「GINGER」流“隙のある女子”とは

海外ゴシップの人気記事

  1. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  2. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  3. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参
  4. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  5. 若くして祖母になったセレブ