芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

2015heat.jpg
『HEAT』(フジテレビ系)公式サイトより

 EXILE・AKIRA主演で来春公開予定だった劇場版『HEAT』の制作が、中止となってしまったという。フジテレビ系で放送された連続ドラマ版は、歴史的な低視聴率を記録し、放送前から発表されていた「映画化連動」がフジにとって大きなお荷物になるとみられていたが、実はドラマ最終回を前にして企画は消滅していたようだ。

『HEAT』は地域の消防団に入団したサラリーマンの物語で、AKIRAは都市開発プロジェクトを円滑に進めるべく、スパイとして団員になるサラリーマン・池上タツヤを演じた。また、そんなタツヤを感化させたのが、佐藤隆太演じる東京消防庁職員の合田篤志。放送中からネット上では、演技面の実力差に「AKIRAじゃなく佐藤隆太をメインにすべきだった」といった声も出ていた。

「実はドラマ版の最終回は、映画化中止を受けて台本が書き換えられていたんです。もともとは全10話予定だった『HEAT』ですが、あり得ない低視聴率に9話で打ち切りとなってしまったので、尺の問題で変更が必要だったのかもしれませんね。本来のラストは、映画化につながる“別の結末”が用意されていました」(テレビ局関係者)

 ドラマ版の最終回は、火災現場に取り残された合田は九死に一生を得、また2年後タツヤは消防士として新たな道を歩み始めるというラストだった。

「本来の最終回は、合田は火災現場から帰らぬ人となってしまうという脚本でした。彼の死をきっかけにして、タツヤは消防士になることを決意する――と、まさに映画につなげるための最終回だったんです。ところが、映画化自体が白紙化してしまったため、『じゃあ死ぬ必要ないか』と、この部分はまるごとカットされてしまったとか」(同)

 SMAP・稲垣吾郎をはじめ、当初から劇場版には出演しないキャストもいたようだが、「劇場版に出演するメンバーの伏線も、ほとんどナシになったはずですよ。用意するだけ無駄になってしまいますからね」(同)という。

 こうした苦肉の“テコ入れ”で、ごく淡々と幕が引かれた『HEAT』プロジェクト。現在は出演俳優の所属事務所、またフジ関係者の間でも『HEAT』は禁句となっているようだが、「まったく別の企画やチームで復活を目指している者もいるんだとか。ただ、少なくとも“史上最低視聴率”のほとぼりが冷めるまで、誰も『HEAT』については触れられない状態が続くでしょうね」(テレビ局関係者)という。

 毎回低迷する視聴率が話題となったドラマ版だが、劇場版に関しては想像を絶する肩透かしの結末を迎えてしまったようだ。

『HEAT DVD‐BOX』 「安易な映画化連動ダメ、絶対」を伝えた功績はでかい amazon_associate_logo.jpg
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!