「映画化連動」はトラウマに?

『HEAT』劇場版、中止へ――! テレビ局関係者が明かす、書き換えられた“幻の最終回”

2015heat.jpg
『HEAT』(フジテレビ系)公式サイトより

 EXILE・AKIRA主演で来春公開予定だった劇場版『HEAT』の制作が、中止となってしまったという。フジテレビ系で放送された連続ドラマ版は、歴史的な低視聴率を記録し、放送前から発表されていた「映画化連動」がフジにとって大きなお荷物になるとみられていたが、実はドラマ最終回を前にして企画は消滅していたようだ。

『HEAT』は地域の消防団に入団したサラリーマンの物語で、AKIRAは都市開発プロジェクトを円滑に進めるべく、スパイとして団員になるサラリーマン・池上タツヤを演じた。また、そんなタツヤを感化させたのが、佐藤隆太演じる東京消防庁職員の合田篤志。放送中からネット上では、演技面の実力差に「AKIRAじゃなく佐藤隆太をメインにすべきだった」といった声も出ていた。

「実はドラマ版の最終回は、映画化中止を受けて台本が書き換えられていたんです。もともとは全10話予定だった『HEAT』ですが、あり得ない低視聴率に9話で打ち切りとなってしまったので、尺の問題で変更が必要だったのかもしれませんね。本来のラストは、映画化につながる“別の結末”が用意されていました」(テレビ局関係者)

 ドラマ版の最終回は、火災現場に取り残された合田は九死に一生を得、また2年後タツヤは消防士として新たな道を歩み始めるというラストだった。

「本来の最終回は、合田は火災現場から帰らぬ人となってしまうという脚本でした。彼の死をきっかけにして、タツヤは消防士になることを決意する――と、まさに映画につなげるための最終回だったんです。ところが、映画化自体が白紙化してしまったため、『じゃあ死ぬ必要ないか』と、この部分はまるごとカットされてしまったとか」(同)

 SMAP・稲垣吾郎をはじめ、当初から劇場版には出演しないキャストもいたようだが、「劇場版に出演するメンバーの伏線も、ほとんどナシになったはずですよ。用意するだけ無駄になってしまいますからね」(同)という。

 こうした苦肉の“テコ入れ”で、ごく淡々と幕が引かれた『HEAT』プロジェクト。現在は出演俳優の所属事務所、またフジ関係者の間でも『HEAT』は禁句となっているようだが、「まったく別の企画やチームで復活を目指している者もいるんだとか。ただ、少なくとも“史上最低視聴率”のほとぼりが冷めるまで、誰も『HEAT』については触れられない状態が続くでしょうね」(テレビ局関係者)という。

 毎回低迷する視聴率が話題となったドラマ版だが、劇場版に関しては想像を絶する肩透かしの結末を迎えてしまったようだ。

「安易な映画化連動ダメ、絶対」を伝えた功績はでかい

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  8. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  15. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  16. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  19. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  20. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに