オリラジ藤森慎吾と田中みな実は「とっくに別れていた」!? 2人はなぜ“偽装交際”を続けたのか

fujimori1030

 オリエンタルラジオの藤森慎吾とフリーアナウンサー田中みな実の破局が伝えられたが、実際のところは、遅くとも昨年の夏までには交際を解消していたという話がある。

 今回の報道では、田中が結婚に反対する両親と衝突し、藤森が別れを切り出したとされるが、2人はもっと早くから同棲を解消しており、一緒に住んでいた都内のマンションは、すでに解約済みだ。田中が在籍したTBS関係者も「田中と友達付き合いをしている女性ディレクターから聞いたところでは、昨年には別れていたというし、実際に局内でも今年の年始にそんな話になっていた」という。

 双方の所属事務所は今回、破局について認めているが、つい最近まで2人は交際順調を装っていた。田中は10月10日放送のバラエティ番組で「お互いに真剣に考えていなかったら、これだけ公にもなってない。いつかそうなれたらいいなと思います」と結婚願望を話し、藤森は9月下旬のイベント出演で「まだ若いんで、結婚を焦ることはない。ゆっくり考えれば」と現状維持を伝えていた。

 とっくに破局状態にあったのに、それを公にしないでいたというなら、理由はなんなのだろうか?

 TBS関係者が耳にしたところでは「藤森が二股スキャンダルで仕事に悪影響があって、これ以上のマイナスを避けたいと、田中のほうが配慮していた」という。

 スキャンダルというのは3年前、藤森が「彼女ができました」と田中との交際を宣言した直後、週刊誌では藤森が田中と交際中にもかかわらず、別のモデル女性との二股交際の末、妊娠・堕胎させたことが報じられたものだ。藤森は慰謝料として350万円を支払ってこの女性と別れたとされるが、これで藤森が売りにしてきたノリの軽い「チャラ男」がシャレでは済まされなくなり、仕事は減少傾向になってしまった。

 テレビ東京のある特番では、コンビで出演予定だったところ、急きょ相方の中田敦彦だけになったことがあったという話もある。

 このスキャンダルについては、そもそも藤森が田中との交際宣言をしたのも、その火消しのためだったといわれる。藤森が所属する吉本興業の意向で公にされたが、結局、裏目に出てしまい、以降はできるだけ2人の熱愛順調ネタでイメージ回復を図ってきたという流れだ。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー