悪意を隠しきれないビルボート

「ビルボード」が、カニエの愛娘ノースを性的に侮辱するようなツイートをし大炎上

billboard-north.jpg
修正したツイートもさらなる火種になっている模様……

 毎週、シングル、アルバムといった形態だけでなく、ヒップホップ、カントリー、クラシックなどジャンル別のチャートを発表し、音楽界の権威となっている米音楽専門誌「ビルボード」。公式Twitterアカウントでも最新の音楽情報、アーティストの最新ニュースなどを大量に発信しており、320万人を超えるフォロワー数を誇っている。

 同誌が毎年主催している『ビルボード・ミュージック・アワード』授賞式も世界的に注目を集めている。今年は、ラッパーのカニエ・ウェストが式を締めくくるクロージング・パフォーマンスを行ったのだが、「All Day」に黒人差別用語である「ニガー」があることから、放送局であるABCの放送禁止用語検問にひっかかり、計15秒も無音で放送するという処理が行われたことが話題に。無音だけでなく、ステージに仕掛けられた花火の煙が立ち込めてカニエの姿が見えず、「パフォーマンスしてもらった意味があるのか?」という声が上がり、「ビルボード」とABCは世界中から批判を受けた。

 そんな「ビルボード」が、今度はカニエの愛娘ノース・ウェストに対して、取り返しのつかない最低最悪のツイートをしたと大バッシングされている。

 「ビルボード」は先週末、母親のキム・カーダシアンに抱っこされたノースが舌を出してマイクのような形をした棒付きキャンディーを舐めている写真を公式Twitterアカウントに投稿。ノースはおめかしをしており、キムはキャンディーを舐めるノースをたしなめるように見える。この写真に「The apple doesn’t fall far from the tree…」という一文が添えられたのだ。

 このツイートは、直訳すると「リンゴはリンゴの木のそばにしか落ちないもの」という意味だが、「子どもは親に似るもの」「子どもは親と同じ道を進むもの」という意味で使われる。ペニスに見えなくもない形のキャンディーを舐めるノースの写真を見て、この言葉を読んだ多くの人が、「レイ・ジェイへ極上フェラチオをしているセックステープで有名になった母親と同じように、ノースもフェラ上手な娘になる」「ノースも床上手になり、セックステープも流出するだろう」という意味だと受け取り、大激怒。「ノースはまだ2歳なのに……」「児童ポルノを連想させる、ひどいツイート」「ツイートした担当者をクビにすべき」と、たちまち大炎上する騒ぎとなったのだ。

 実はこのツイートが投稿される直前、ノースがパパラッチに向かって「写真を撮るのはダメだって言ったでしょ!」と言い放つ動画がネット上で大きな話題となった。ノースは教育係に手を引かれダンス・スタジオに向かう途中で、バレエのチュチュに高級ブランド「バルマン」のジャケットを着用。群がるパパラッチの誰よりも上質な服装をしているものの、2歳ということもあり、必死で小走りをしており、生意気さはなくかわいらしさ満点。「写真を撮るのはダメだって言ったでしょ!」と言い放った後に、「はあぁぁぁ」とため息までつき、「パパラッチにうんざりする人気セレブのアタシ」といった表情を見せる2歳児ノースに、ネット上では「かわいすぎる」「セレブキッズの中でもダントツ」と相好を崩す人が続出で、大手メディアもこぞってこのことを報じた。

ビルボードさん、やるなら親を攻撃しないとフェアじゃない!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク