[ジャニーズ最新言行録]

Kis-My-Ft2・北山&横尾、イケメンに「恨みある」! ジャニーズ=イケメン説に自虐炸裂

2015yokoo.jpg
横尾さん、イケメンの看板がそんなに重いのね……

ジャニーズアイドルといえば、かっこいい男子の代表で間違いないだろう。では、デビュー時に「ブサイク」売りをして話題となり、現在大人気グリープに成長したKis-My-Ft2は「かっこいい」ことをどう考えているのだろうか? 10月28日に放送された『Kis-My-Ft2キスマイRadio』(文化放送)でパーソナリティーを務めた北山宏光と横尾渉が、そんな「ジャニーズにおけるブサイク」について語り合った。

 男子にありがちな行動・習性をキスマイメンバーが分析するコーナー「ありがち男子」に、リスナーから「元気なのに仮病を使って保健室のベッドに寝たがる男子。どうせ保健室の先生目当てでしょ?」というメールが届いたことがきっかけで、話は徐々に脱線。「イケメンはよく(保健室に)行けてた」と北山がつぶやいたことから、「イケメン」考察がスタート。

 「僕ら別にイケメンに恨みがあるわけではない」と主張する北山に対し、横尾は「まあ、俺は恨みあるけどね」「だって“ブサイク”って言われてるからさ」と早口でまくしたて、さらには「北山さんはギリギリラインだからね」とグサリ。一応、“前の3人”のうちの1人である北山だが、「なんで北山が前の3人なんだ」と言われていることはすでに耳に入っており、自身もそれを認めている様子。

 しかし、ジャニーズというだけでイケメン・モテる、という認識にはお互い違和感があるようで、

「“ジャニーズ顔”って言われるじゃないですか、イケメンのことを。あれよくないと思いますよ」

と横尾が抗議。北山も「ジャニーズ」という括りが大きすぎると言及し、

「ジャニーズの中でも、ジャニーズのジャニーズ……“ジャニーズの下のジャニーズ”みたいな」
「顔面偏差値のピラミッドがあるんであれば、確実にキスマイは下の方だと思うんですけど」

と、グループ単位でブサイクであると自論を展開。横尾も「たぶん一番下にいると思う」と冷静に答えた。

 TOKIOの長瀬智也など、「歴代の先輩たちは誰が見てもかっこいい」としたうえで、北山は「で、キスマイになって『あれ、おや?』っていう」違和感を覚えるのではないかと分析し、横尾はこれを「新しいジャニーズを見せてる」と前向きであった。また、冠番組にもグループ内ユニットの名前にも入っている“ブサイク”というジャニーズらしからぬ単語。これについて北山は、

「“ブサイク”って言っていいグループは、たぶんうちらだけだと思うんですよ、オフィシャルで。そこはいいなって思うんですけど」

と、“ブサイク”は同時にキスマイの強みでもあるということを強調した。もはや、顔や若さだけが価値ではなく、個々のキャラクターや人としての魅力までを求めるファンは多い。キスマイが持つ“ブサイク”という武器は、今後どのような力を発揮していくのだろうか。

ほ、ほらバラドルなら顔は問われないから大丈夫!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  13. キャラ変え好調の乙武洋匡
  14. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  20. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決