その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「心のなかではずっと悲鳴をあげてた」、ジャニーズWEST小瀧望を襲った主演の重圧

<ジャニタレ掲載誌チェック!!>

 「BEST STAGE」2015年12月号(音楽と人)で、日本初上陸の舞台『MORSE—モールス—』で初の舞台単独主演を務めるジャニーズWESTの小瀧望が、不安と期待の思いを語っている。

 主役を演じる心境を聞かれた小瀧は「やっぱり、“日本初上陸”という言葉が重くて。もちろんどんな作品も失敗できないんですけど、より意識しちゃいますね」と弱気の回答。「制作発表でも、心のなかではずっと悲鳴をあげてて、誰かに助けてほしかった」と意外な心境を明かした。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク