【最終兵器EXOは東方神起を超えるのか?】第2回

EXOが東方神起を継承するに値する理由――SMエンタの“悲願” 中国進出と軋轢

exomain.jpg
『Love Me Right ~romantic universe~』/avex trax

 韓国では日本以上に兄弟の関係を重んじる。それはK‐POPの世界も同様で、1つのチームには長兄から末っ子まで揃い、長兄=リーダー、末っ子=愛嬌担当といったキャラ付けがなされる傾向にある。また、同じ事務所内でも、兄貴分、姉貴分にあたるチームから、弟分、妹分にあたるチームが揃う。あるグループが売れたら、次に売り出される新人チームは、成功したチームの弟分としてプロモーションされ、まったくのド新人よりはかなり優位な立場に立つ。

 ファンも、自分が応援しているアイドルの弟分、妹分を自然と贔屓目で見がちになる。兄貴、弟、姉貴、妹がオンパレードのファミリー・コンサートは日本でも大人気のコンテンツだ。事務所がそうしたファン心理を小狡く利用するのも当然のことで、弟分のデビューに際し、兄貴分がプロデュース参加したというのは決まり文句。ファンは「私の応援する誰々がプロデュースしたなら、弟分のCDを買わなきゃ」となる。実態は、プロデュースなんてことはまったくなく、レコーディングスタジオで「頑張れ」と声をかけた程度なわけだが……。

 前回、わたしは、日本において東方神起の継承権を持つのはEXOである、と述べた。東方神起にもSUPER JUNIOR、SHINeeといった複数の弟分がいるのに、なぜ、EXOでなければいけないのか?

 彼らが最若手で、入隊まで時間がたっぷり残されていることもある。そして、東方神起とEXOは日本で同じレコード会社のエイベックスに所属していて、プロモーション上、好都合だというビジネス的な理由もある。EXOの1つ上の先輩、SHINeeがポスト東方神起と目されても不思議ではないのだが、違うレコード会社のユニバーサルに所属するため、東方神起の弟分としてプッシュされることは少なかった。現在ではすでにEXOにインパクト負けしている。

 そして、最も肝となる理由、それはEXOが東方神起の失敗を教訓に生まれたから、ということだ。

日本のオタVS中華マネーの一騎打ちスタート

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  15. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  16. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  19. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー