業界人のマル秘お仕事事情

タレントの“パチンコ営業”を仕掛ける業界人にインタビュー! 「次は板野友美を引っ張りたい」

pachinko2015.jpg
Photo by IQRemix from flickr

 深夜のお色気系バラエティや地方営業など、芸能人が“落ちぶれた”と後ろ指を指される仕事は数あれど、その最もたるのはパチンコ営業かもしれない。酒井法子やLUNA SEA・河村隆一、モーニング娘。など、かつてのスターのパチンコ営業はメディアでも度々紹介されているが、これらの企画やブッキングは誰のどんな思惑から成立するのか。今回は、古くからパチンコ業界に携わる、元アスリートで芸能界にも通じている飲食店経営・X氏に話を聞いた。

――初歩的な質問で恐縮ですが、パチンコ営業とは実際に何を行うのでしょうか?

X氏(以下、X) 普通のトークショーと変わらないよ。パチンコに関するトークなんてちょっとでいいし。トークができない人も、MCをつけて掛け合いをしたり。人によっては撮影会とか握手会、サイン会をやったり、打ってるお客さんのところを回って、話しかけたり……みたいなのもあるね。

――Xさんはブッキングをされているとのことですが、どういった流れで決まるのでしょうか?

X 基本的にはブッキングをやってる会社や個人が、「●●がいくらで行けます」とか「■■の事務所がやりたがっているみたいですよ」とか、各ホールに営業を仕掛けるんだよ。反対にホール側から「あのアイドルを呼べませんかね?」なんて依頼がくることもある。

――パチンコ営業はよく「ギャラが高い」と言われますが、相場は?

X 完全に人によるけど、ある程度の目安はある。各ブッキング担当はランク付けされたリストを作っていて、事務所の大きさやそのタレントの人気や旬、それに過去のデータから照らし合わせて、手頃なタレントをいつでも用意できるようにしてるよ。

――具体的な金額は?

X 例えば加藤茶だったら、1店舗20分で100万円、3店舗回って1日で300万円って感じだけど、ポッと出の一発芸人なんて、せいぜい1日で30万円ってとこだな。ビッグダディなんて、しゃべりもしなければファンサービスも微妙だったから、20~30万円の営業が数回あっただけで、もうオファーがないからね。

――営業によって“落ちぶれ感“が出てしまう?

X そりゃそうだよ。パチンコ自体が決してクリーンな遊びじゃないし、そこからお金を得てるって時点で、落ちぶれたと思われるのは当然。パチンコに狂って自己破産しちゃうバカがいっぱいいるわ、子どもを駐車場に放置して死なせる親が社会問題になるわ、そもそもキチンと税金を払っているのかも怪しい会社ばっかり……。

――それでも大きなお金が動く業界ということで、ブッキングは大忙しですよね?

X それが、そんなこともないんだよ。全盛期に比べると、市場規模は半分くらいなんじゃない? 最近は芸能人じゃなくて、パチンコライターを呼ぶ店も増えてきた。彼らはお客を呼べるし、ギャラも格安だから、どんどん芸能プロの市場を奪っている邪魔な存在なんだよ。

インタビュアー側のビビリっぷりが伝わる1本

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  7. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  8. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  13. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  16. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  17. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  18. 違法ギャンブル逮捕に狩野英孝が冷や汗
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー